Twitter、パスワードをプレーンテキストで格納するバグで、パスワードの変更するよう推奨

Twitter、パスワードをプレーンテキストで格納するバグで、パスワードの変更するよう推奨

Twitterは、パスワードをプレーンテキストで格納するバグを発見しました、ユーザーにはパスワードの変更を推奨しています

Twitterのブログ記事に概要があるように、Twitterは最近「内部のログにパスワードを保存している」というバグを発見したという。バグは修正され、社内調査の結果、違反や誤用がないことが示されました

十分な注意が必要ですが、このパスワードを使用したすべてのサービスでパスワードを変更することを検討してください。Twitterのパスワードは、パスワード設定ページでいつでも変更できます

スポンサーリンク

アカウントのセキュリティに関するヒント

パスワード情報がTwitterのシステムを離れたり、誰かによって悪用されたとは考えられませんが、アカウントを安全に保つためにいくつかの手順を実行することができます

  1. Twitterや他のサービスで同じパスワードを使用している可能性のある場所でパスワードを変更してください
  2. 他のWebサイトで再使用しない強力なパスワードを使用してください
  3. 2要素認証とも呼ばれるログイン検証を有効にします、これは、アカウントのセキュリティを向上させるための最善のアクションです
  4. パスワードマネージャを使用して、あらゆる場所で強力でユニークなパスワードを使用していることを確認してください

(Via Twitter.)


2要素認証を設定するには『【iOS】Twitterの2要素認証を設定する方法』を参考にしてください











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)