ARMのセキュリティアップデートで、一部のiPhone、iPad、iPod、およびApple TVが影響を受ける可能性がある

ARMのセキュリティアップデートで、一部のiPhone、iPad、iPod、およびApple TVが影響を受ける可能性がある

ARMのセキュリティアップデート

Intelのチップ・バグとして最初に報告されましたが、ARMとAMDのチップも影響することが明らかにされた後、IntelのCEOは、「電話機とすべてのもの」が影響を受けると言いました

ARMのセキュリティアップデートは、いくつかのiPhone、iPad、iPodおよびApple TVが影響を受ける可能性があることを示唆しています

ARMプロセッサのセキュリティ更新プログラムは、影響を受けやすいことが知られているプロセッサを示しています。これには、Cortex-A8、Cortex-A9、およびCortex-A15が含まれます

AppleはiOSデバイス向けに独自のAシリーズチップを設計していますが、これはARMアーキテクチャに基づいています。多数のAシリーズチップには、Cortex-A8、-A9、および-A15プロセッサの少なくとも一部の要素が含まれているため、影響を受けやすい可能性があります

スポンサーリンク


A4チップにはCortex-A8プロセッサが搭載されており、iPad(第1世代)、iPhone 4、iPod Touch(第4世代)、Apple TV(第2世代)で使用されています

A5およびA5Xチップには、デュアルコアCortex-A9プロセッサが搭載されています
A5は、iPad 2、iPad mini(1st gen)、iPhone 4S、Apple TV(3rd gen)、iPod Touch(第5世代)で使用されています。A5XはiPad(第3世代)で使用されています

A6にはCortex-A15のいくつかの要素があり、iPhone 5とiPhone 5Cで使用されています

これは、影響を受ける可能性のある既知のデバイスのリストが次のとおりであることを示しています

  • iPhone 4
  • iPhone 4S
  • iPhone 5
  • iPhone 5C
  • iPad (第1世代)
  • iPad 2
  • iPad (第3世代)
  • Apple TV (第2世代)
  • Apple TV (第3世代)
  • iPod Touch (第4世代)
  • iPod Touch (第5世代)

しかし、完全なバグの発見はまだ開示されていないので、追加のiOSデバイスも影響を受けている可能性があります。IntelのCEO、Brian KrzanichはCNBCに、膨大な種類の製品が影響を受けると言いましたが、その影響はさまざまです

ARMはリスクが低いと述べています

この攻撃方法は、ローカルで実行されているマルウェアに依存しているため、ユーザーがソフトウェアを最新の状態に保ち、不審なリンクやダウンロードを避けることによって、セキュリティの適切な管理を行うことが必須であることを意味します

iOSデバイスが影響を受ける場合、AppleはmacOSのために行ったと報告されている通りにソフトウェアアップデートを介してパッチを適応できますが、パフォーマンスへの影響はまだ不明です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)