YouTubeは2018年3月に新しい音楽サブスクリプションサービスを開始

YouTubeは2018年3月に新しい音楽サブスクリプションサービスを開始

サブスクリプションサービス

YouTubeは3月に有償の音楽サービスを導入する予定で、親会社のAlphabet Inc.はライバルのSpotifyとApple Inc.に追いつく予定だと言います

この新しいサービスは、YouTubeからのさらなる収益を追求してきたレコード業界の幹部を魅了するのに役立ちます
世界の3大レコードレーベルの1つであるワーナー・ミュージック・グループはすでに署名している、と語った

ouTubeは、ソニー・ミュージックエンタテインメントとユニバーサル・ミュージック・グループの2社と、独立系レーベルのコンソーシアムであるマーリンとも話し合っているといいます

スポンサーリンク


SpotifyやApple Musicとの競争力を高めることができ、ビデオサイトからより多くの収益を得ようとしている音楽レーベルに、より多くの収益をもたらすだろう

しかし、大手レコード会社は、YouTubeは十分に報酬を払っていないために批判してます、音楽はYouTubeで最も人気のあるジャンルの動画の1つです。これは月に10億人以上のユーザーを獲得しています

YouTubeは新しいサービスを「Remix」と呼んでおり、Spotify形式のオンデマンドストリーミングと、ビデオクリップのようなYouTube専用の要素が含まれていると言われています

新しいサービスを促進するために彼らの援助を求めるアーティスト達に手を差し伸べているといいます

YouTubeは3月の目標を達成するためにいくつかのハードルを克服する必要があります
YouTubeはユニバーサルとソニーとの新たな契約を1年以上も交渉しようとしているだけでなく、来年早々にVevoと交渉しています

UniversalとSonyが所有するVevoは、彼らの行為のためにミュージックビデオを配信します

YouTubeは、昨年ワーナーミュージックのエグゼクティブだったLyor Cohenを雇い、音楽事業の監督を手伝い、レコード業界との連絡役を務めました

Googleは今年初めにGoogle Playミュージックのスタッフの多くをYouTubeに収め、Cohenは新しい有料サービスを作成する計画を発表しました

(Via Bloomberg.)


音楽サブスクリプションサービスも激戦となってきています、これらが競争することで我々ユーザーがより便利に、より安く利用できる環境が整えば嬉しいことです


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)