Appleの5月2日発表の2017年第2四半期の業績報告で注目すべきは第3四半期のガイダンス

Appleの5月2日発表の2017年第2四半期の業績報告で注目すべきは第3四半期のガイダンス

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

成長への復帰



「The Motley Fool」は次のように述べています

Daniel Sparks氏がThe Motley Foolに述べたところによると

Appleが5月2日に2017年の第2四半期決算を発表したとき、投資家が注目すべき指標の1つは、第3四半期の技術大手の指針である、第3四半期のAppleの指針は、同社の最近の収益拡大への復帰が一時的なものか、持続可能な傾向の一部であるかを示す指標となる

Appleの28%の売上高が2015年度に突然増加したのに対し、2016年度の会計年度では、同社は前年同期の収入減を3四半期連続で記録した、貧弱な勢いはAppleの会計年度の総売上高が前年比で約8%減少したことを意味します

2016年度のアップルの収益がこのように鈍いことを考えると、投資家は今日、トップラインを伸ばすことができるかどうかを見極めることが重要です

AppleIn 002



スポンサーリンク




Appleは最近成長に戻っています、しかし同社は今までのところ四半期ごとに売上高を増加させただけです、さらにこの四半期の収益成長率は一桁台の低水準でした

注目すべきは、第2四半期中にアップルの計画に沿ってすべてが成し遂げられれば、この成長への復帰は少し良く見えます

Appleの第2四半期のガイダンスは506億ドルでした、第2四半期の売上高は515億ドルから535億ドルに達し1.8%から5.7%のアップでガイダンスを越えるでしょう

Appleは再び収益を伸ばすことができるか?



Appleの第2四半期の予想される成長にもかかわらず、投資家は成長への持続的な回復の証拠を探し求めているだろう、同社が2017年に3四半期連続して売上を伸ばすことができれば、通年の成長への回復が見込まれます

(Via The Motley Fool.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)