Adobe、「Director」 と「Shockwave」の販売停止を発表

Adobe、「Director」 と「Shockwave」の販売停止を発表

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

ついに・・・



もともと Macromediaの商品であった「Director」 と「Shockwave」

圧倒的な地位を占めていたインタラクティブなDVDやサイトを作成するのに利用されていたアプリケーションだった「Director」 と「Shockwave」のMacromediaはAdobeに2005年に買収されました

AdobeShockwave 003

Appleの「Final Cut Pro」も元々は Macromediaの開発中のアプリケーションだったと思います

そんな「Director」を2017年2月1日に販売を停止することを発表しています

またMac版の「Shockwave」も3月14日に最終リリースとなり更新とサポート終了になります


スポンサーリンク



私が思うに



AdobeShockwave 002

一つの時代が終了したと言う感じです

Macromedia時代の「Director」でCDやDVDの作成に利用したことがあり、最初はフロッピーディスク十数枚をインストールした記憶があります、Flashも元々の開発元の「FutureSplash」を利用しました

この二つのアプリがないと始らない時代もあったように思いますが、それも終焉を向かえ一つの時代が終わったのだなと、感慨を覚えます


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)