ペリスコープカメラは2024年もiPhone 16 Pro Maxモデルに限定される

ペリスコープカメラは2024年もiPhone 16 Pro Maxモデルに限定される

アナリストMing-Chi Kuo氏によると、来年には新しいズーム機能を備えたハイエンドのアップグレードされたペリスコープカメラが搭載されるiPhoneは、2024年モデルのiPhone 16 Pro Max (AppleがiPhoneの命名規則を変更した場合はUltra) のみになるとのことです

これまで何度か噂されてきたように、Appleは今年、おそらくハードウェアが必要とするスペースを理由に、より大型のiPhone 15 Pro Maxにペリスコープレンズの技術を限定する予定です

ペリスコープレンズをiPhone 16 Pro Max専用にしておくことで、Appleは多くの場合、あるiPhone専用の新機能として導入され、その後次世代デバイスのリリース時に追加のiPhoneモデルに拡張されるという伝統を破ることになります

Kuo氏の情報は、iPhone 16 ProとiPhone 16 Pro Maxの両方で「Folded Zoom」ペリスコープレンズが来年発売されるというThe Elecの最近の報道と矛盾することになります


ペリスコープレンズでは、光はカメラ内のイメージセンサーに向かって角度の付いたミラーによって反射され、方向シフトにより、デジタルズームに伴うぼやけを伴わない光学ズーム機能を向上させるための「折り畳み式」望遠レンズシステムが可能になります

ペリスコープレンズ技術は既にSamsungなどAppleの競合他社で採用されており、iPhone 15 Pro Maxは、iPhone 14 Proモデルに搭載されている現行の光学3倍ズームを上回る、最大6倍光学ズームを搭載する可能性があります

ここ数年、ProとPro MaxのiPhoneでは同様の機能が提供されており、ディスプレイサイズを除けばバッテリー駆動時間が両機種の主な特徴となっています

ペリスコープレンズの技術をPro Maxに限定することは、最新の技術を手に入れたいが、6.7インチの大きなサイズは気にしない人にとっては不満になりそうです

Appleが大型化した6.7インチのiPhone 15″Pro Max”により多くの機能を追加しているため、代わりにApple Watch Ultraに似たiPhone 15″Ultra”と呼ばれる可能性があるという噂があります

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)