調査で明らかに、iPhone Proモデルと、モデルに関係なく大容量ストレージオプションが最もよく売れている

調査で明らかに、iPhone Proモデルと、モデルに関係なく大容量ストレージオプションが最もよく売れている

CIRPは2012年以降、Appleの米国におけるiPhoneの販売台数をモデル別、ストレージ容量別に分析してきましたが、2022年9月までのAppleの第4四半期のミックスデータを公開しました

CIRPの調査によると、iPhone Proモデルと、モデルに関係なく上位のストレージオプションが最もよく売れているとの結果が出ています

CIRPのAppleレポートによると…

私たちがCIRPを設立したのは、実はこうしたモデルミックスの質問に答えるためでもありました、Appleは、数年間iPhoneの単一モデル(当時はAT&Tネットワークのみ)を販売した後、毎年新しいフラッグシップモデルと一緒に1年前、2年前のモデルを販売するようになりました

そのラインナップは、同時に9つのモデルを提供するまでに膨れ上がっりました、投資家や関連業界のApple信奉者たちは、iPhoneの販売構成比を知りたがっていましたが、Appleはそのデータを開示したことがありません

スポンサーリンク


このレポートは、Appleの第4四半期が終了した直後の9月末から10月初めにかけて行われた調査に基づいています

同四半期の消費者の購入をカバーしており、これにはiPhone 14、14 Pro、14 Pro Maxなどの新しいiPhone 14モデルの最初の三週間の販売が含まれており、これらの新モデルとともにAppleは近年初のPlusモデルであるiPhone 14 Plusも発表したが、そのモデルの販売が開始されたのは翌会計年度に入って一週間後の2022年10月上旬でした

販売されている3つのiPhone 14モデルを合わせると、米国の総販売台数の21%を占めます

2022 11 11 10 40 00

これは、2021年9月に発売されたiPhone 13の四機種 (iPhone 13 miniを含む) の16%を上回る。Appleのローンチカレンダーのバリエーションは、iPhone 13モデルが2021年9月までの会計期間中に2日しか利用できなかったことから、これらの比較をやや難しくしています

スポンサーリンク


個別モデルでは、2021年ビンテージの「iPhone 13 Pro Max」が21%と最も大きなシェアを獲得しています

もちろん、このモデルとiPhone 13 Proは、iPhone 14 ProとPro Maxが発売されるまで、ほぼ四半期中ずっと販売されていました

2022年9月期は、iPhone 13と13 miniが全期間販売されたため、iPhone 13の全4機種を合わせた販売シェアは56%に達しました、iPhone 11、12、12 mini、SEを含む旧モデルは、同四半期の売上高の21%を占めました

Phone miniのフォームファクターが引き続き不本意な結果であったため、iPhone 14モデルイヤーで引退することになりました

iPhone 12 miniと13 miniはiPhone販売台数の5%を占め、アグレッシブな価格のiPhone SEは古びたスタイルで、米国でこの四半期に販売された新しいiPhoneの7%を占めました。

もちろん、モデルの選択はストーリーの一部に過ぎません。iPhoneの新規購入者は、様々なストレージ容量から選択するため、価格を押し上げる可能性があります

スポンサーリンク

ストレージ容量

携帯電話ネットワークの高速化により、ストリーミングがより一般的になり、デバイス上のオーディオおよびビデオストレージの必要性が減少しました

カメラの性能向上により、フォトライブラリーの魅力が増し、より多くのストレージを必要とするようになりました

今のところ、消費者がベースストレージからアップグレードする傾向が長年続いていることがわかります、新しいiPhone 14モデルや、より高価なiPhone 13 Proおよび13 Pro Maxでは、顧客の大半がより大きなストレージ容量の携帯電話に割増料金を支払いました

(Via Substack.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)