iPhone 14では、Proモデルはノッチなし、スタンダードモデルはノッチありの可能性

iPhone 14では、Proモデルはノッチなし、スタンダードモデルはノッチありの可能性

最新の噂によると、スタンダードモデルとProモデルの外観が大きく異なる可能性があります

ステンレス製のサイドウォールとカラーオプションを除いて、iPhone 13 Proは、少なくとも正面から見たときには、iPhone 13と同じデザインです

それが来年のiPhone 14で変わる可能性があります、これまでの憶測では、Appleは「Mini」ではなく、新たに「Max」のiPhone 14を導入し、2つのバリエーションが初めて同じサイズになる可能性があるとすでに言われています

2022年に変化をもたらすのはカメラだけではない

Appleは、2つの製品ラインをカメラ機能で区別することは明らかです、ペリスコープ技術を備えた望遠カメラの大きな改善が期待されています

噂によると、別の方法でシリーズを分ける可能性もあると言われています

Weiboに掲載された「iPhone 14にノッチが残る」という噂(その後削除されました)に対し、Jon Prosser氏は、iPhone 14 Proが穴あきデザインに変更されるという話は聞いていたものの、「通常モデルはノッチを使い続ける」とツイートしました

スポンサーリンク


Proモデルでノッチを取り除くことは、かなり大きなデザイン変更になります、AppleがフラッグシップモデルからFace IDを外すことは考えにくいので、真の深度センサーが薄いフレームの中にあるのか、ディスプレイの下にあるのかにかかわらず、iPhoneの前面を変更しなければならないということです

Android端末と同様、パンチングホールを備えたディスプレイであれば、凹みは完全になくなり、フロントカメラ用の小さな穴がディスプレイ上部にあるだけになります

2022年iPhoneはまだ開発の初期段階にあり、すべてが流動的です

数々の報道によれば、Appleは少なくとも1台のディスプレイに穴を開けたiPhoneを開発しているといいます、Appleは「iPhone 13」で、ProモデルにPro-Motion 120Hzのディスプレイを追加しました

以前はProにOLED、標準モデルにLCDを採用していたので、Appleはノッチのないデザインに依存する高価格セグメントのセールスポイントになる可能性は大いにあります

(Via MacWelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)