iPhone 12と言われるベンチマークが公開される

iPhone 12と言われるベンチマークが公開される

未発表のApple製品のスピードベンチマークの最新のデータによると、新しいiPhone 12はiPhone 11よりも約10%優れたパフォーマンスを提供することを明らかにしているようです

Appleは今週、iPad Airを発表した際に、最初にその5nm A14プロセッサの話をしました、その時Appleは、iPad Airの新しいA12 Bionicプロセッサモデルと以前のみでるとの間の速度比較を明らかにしました

それは、A12 Bionicよりも40%のプロセッサ速度の向上と30%のグラフィックスの向上を約束していますが、A14と13チップの比較はまだ公開していません

今回のリークは、これらの予測が妥当なものであることを示唆しています

MySmartPriceが掲載したAnTuTuのデータによると、A14チップとiOS 14.1を搭載した128GBのデバイスのパフォーマンスデータが示されているようです

これは全体的に9%の改善を示しており、グラフィックス性能は4%向上し、プロセッサスコアは約17%高速になっています

IPhone 12 Speed benchmark 00001 z

  • iPhone 11 Pro Max : 524,436
  • iPhone 12 Pro Max : 572,333

スポンサーリンク


もちろん、Appleは新iPhoneの性能を最適化するのではなく、バッテリ持続時間の向上に注力することを選択したかもしれません

実際の使用では、他のどのデバイスよりもはるかに高速であることを考えると、これは妥当なトレードオフと言えます

もちろん、もう1つあります

もしAppleがこのチップをモバイルデバイスで最大限のパフォーマンスを発揮できるように設計せず、別のものとして設計したとしたらどうだろう?

例えば、これらのチップがMacで最高のパフォーマンスを発揮するように設計されているとしたらどうだろうか….

(Via Apple Must.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)