Kuo氏、iPhone XRの需要は低いとして第1四半期のiPhoneの販売予測を20%引き下げる

Kuo氏、iPhone XRの需要は低いとして第1四半期のiPhoneの販売予測を20%引き下げる

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は、2019年第1四半期におけるiPhoneの出荷台数予測を大幅に削減しました

今日の新しいレポートで Kuo氏は、iPhone XRに対する需要の減少は、iPhoneの売上高が前年同期より大幅に減少していることを意味しています

iPhoneの売上高を前年同期の5,000万台から 3,800 ~ 4,200万台に減少すると予測しています

また同氏は、2018年のiPhoneの出荷台数は’2億1,000万台に達すると予測していますが、2019年の販売台数は 5 ~ 10%減の1億8,800万台から1億9,400万台に減少すると予測しています

スポンサーリンク


Kuo氏は、当初2019年第1四半期のiPhone XR出荷量が2,250万〜2,500万台に達すると予想していましたが、現在は1,500万〜2,0000万台に下がっています

最終製品の平均販売価格の上昇により、AppleのiPhoneの収益は出荷台数の減少による影響はそれほどないと見ています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)