KGI、iPhone Xの売上予測を下方修正、秋には6.1インチLCD iPhoneを追加か

KGI、iPhone Xの売上予測を下方修正、秋には6.1インチLCD iPhoneを追加か

iPhone Xは長年に渡ってAppleの最もホットな携帯電話になったが、多くのアナリストが予測していた野心的な販売予測を達成できないようだとして、KGI証券のMing-Chi Kuo氏は、今四半期にAppleが約1,800万台のiPhone Xを出荷すると予想しています

これは他のアナリストの推定2,000万〜3,000万台に比べて大幅に少ない、Kuo氏は主に中国のiPhone Xの需要の低迷を主張しています

中国のiPhone Xの需要が予想を下回ったことには、主に2つの理由があります

まず、中国の顧客は、HuaweiやOppoなどのベンダーからの出荷予測の低迷や、ノッチのスクリーンデザインが潜在的な中国の顧客を奪ったと主張している

二番目は、中国のユーザーは大画面電話を好むが、iPhone Xの画期的なデザインは効果的なスクリーンの大きさが小さいと誤解し、少なくとも5.5インチプラスのモデルと同じくらいスクリーンスペースがないと顧客は考えている

スポンサーリンク


この報告書によると、Appleは2018年第1四半期に約1,800万台のiPhone Xを出荷し、2018年第2四半期には約1,300万台を出荷する予定です
KGIはiPhone Xの寿命が2018年中頃になると予測しており、前年度の8,000万台の予想を大きく下回った

Appleが今年後半に現在のiPhone Xモデルを作るのを止めるという主張は興味深い、Appleは通常は数世代にわたり価格を下げて旗艦を守っています

一方、iphone X の売上高は予想よりも弱いが、KGI は、iphone 7 と iphone 6s は、Appleのラインアップでは、低価格の携帯電話としても販売を続けている
Appleは、2018年前半のiPhoneの出荷台数が前年同期比で0-5%増加すると見込んでいます

Kuo氏は、Appleの次期製品ラインナップは、下半期に競争力を大幅に向上させると考え、本物のスーパーサイクルにになると

6.5インチのOLEDと6.1インチの液晶iPhoneモデルを低価格の650〜750ドルで追加し販売することで、中国のAppleの市場シェアを拡大​​すると考えています

これらの理由から、Kuo氏は、iPhoneの出荷台数は2018年に比べて5〜10%増加すると考えています

(Via MacRumors.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)