Apple、2018年のiPhoneカメラは「iPhone X」のプラスチックレンズデザインを継承

Apple、2018年のiPhoneカメラは「iPhone X」のプラスチックレンズデザインを継承

iPhoneのカメラレンズ

Ming-Chi Kuo氏はアナリストの推測と違って、Appleは2018年のiPhone製品のカメラは「iPhone X」に実装されているオールプラスチックレンズスタックを保持する可能性が高いと言っています

Kuo氏は、木曜日の投資家へのメモによると、市場の予測として2018年にAppleが7P(7枚レンズプラスチックレンズアレイ)または2G3P(2枚ガラス、3枚プラスチックレンズ)のデiPhoneのリアカメラモジュールに統合する予定だと述べました

現在、アップルは、同社の最先端のカメラプラットフォームであるiPhone Xに6Pデザインを採用しています

Kuo氏は、リアカメラの仕様により、iPhone Xは画質とフォームファクタ設計の驚異的なバランスを取ることができました、 「6Pレンズから7Pレンズまたは2G3Pハイブリッドレンズへの切り替えは、カメラモジュールのデザインがiPhone Xとほぼ同じで、絞りの性能の改善のためになると言います

スポンサーリンク


iPhone 6s Plusで初めてデビューさせた、ユニークなデュアルレンズ設計 により、Appleはこのプラットフォームの画像撮影能力を強化することができました

昨年のiPhone 7 Plusは、センサーと画像プロセッサのアップグレードによりデザインが改善されました

一方、iPhone 8 Plusは、より深いピクセルのセンサーモジュールを搭載しています

最上位機種のiPhone Xは、広角レンズと望遠カメラの両方で光学式手ブレ補正機能を搭載しており、広範囲の光学ズーム範囲で優れた低光性能を発揮します

Appleのカメラ技術はスマートフォン業界をリードしていますが、システムのレンズ設計の段階的な変更は来年には期待されていません

(Via appleinsider.)


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)