「iPhone X」の事前予約が5,000万台に達し2018年春まで供給不足が続く

「iPhone X」の事前予約が5,000万台に達し2018年春まで供給不足が続く

KGI は、iPhone X の需要が強く、4,000 ~ 5,000 万台に達する可能性があると述べています

iPhone 8の初期売上は低くなる

iPhone 8とiPhone 8 Plusは先週金曜日に発売された。アナリストたちは、一部のモデルが在庫切れだったが発売時の売上は以前の新しいiPhoneリリースよりも大幅に低いと分析しています

ハードコアアーリーアダプターの人々はiPhone Xを望んでいる可能性が最も高いので、iPhone 8の初期売上は低くなると予想されます

KGIのMing-Chi Kuo氏は、新しいiPhoneの抑圧された需要はStreetInsider経由で5,000万台に達する可能性があると書いています

この最初在庫をクリアするには時間がかかり、KGIはまだiPhone Xが2018年前半まで供給不足が続くと考えています


スポンサーリンク




限られた生産量の理由の一部は、TrueDepthカメラシステムの複雑さで、それは競合電話よりも多いセンサーを組み合わせており、大量生産に到達する事が出来ません

Kuo氏は、iPhone Xの生産は10月までに本格化すると考えています、Appleは既に10月27日の予約受付開始と11月3日の発売を発表しています

(Via 9to5Mac.)


これまでも何度も言われてきたように「iPhone X」の供給不足は長く続きそうです

初期出荷分で予約ができない場合は、昨年のiPhone 7 Plusのジェットブラックの様に待ち時間が相当かかりそうです


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)