Phone 15の問題点: Appleが直面する新たなスピーカー問題とは?

Phone 15の問題点: Appleが直面する新たなスピーカー問題とは?

Appleの最新フラッグシップデバイスであるiPhone 15は、2週間も前に発表され、大きな反響を呼びました。しかし、ユーザーからの一連の苦情により、当初の興奮はやや冷めつつあります。

オーバーヒート問題に悩まされるユーザーもいれば、iPhone 15の内蔵スピーカーがパチパチと音を出すことに懸念を示すユーザーも相当数いるようです。

iPhone 15のスピーカーの音割れ

多くのiPhone 15ユーザーが、Redditをはじめとするオンラインプラットフォームで、このデバイスのスピーカーに関する経験を共有しています。主な不満は、特に音量を上げたときに歪んだり、ひび割れたりする音声出力のようです。

特にイヤホンスピーカーは、最も影響を受けているコンポーネントのようです。

あるユーザーは、iPhone 15 Pro Maxを使用した際の体験談として、デバイスを開封した瞬間から、フルボリュームのスピーカー通話で、電話の内部に閉じ込められた液体を連想させるような、ガラガラという音が発生したと述べています。


この問題は通話に限ったことではなく、80%以上の音量で再生した音楽でも同じ問題が発生しました。また、別のユーザーも同様の感想を持ち、特定の動画や特定の周波数帯域で、オーディオがパチパチと音を立てたり、ガラガラと音を立てたりするようだと指摘しています。

著名なTikTokerであるMilesabovetech氏は、iPhone 15 Pro Maxの音割れ問題を取り上げました。これに対し、Appleは彼のデバイスを2度交換し、問題を認めました。しかし、交換しても問題は解決せず、ユーザーの不満はさらに高まりました。

@milesabovetech The iPhone 15 launch has me feeling like were beta testers #iphone #android #iphone15promax #techtok #tech #techgagets #apple #milesabovetech ♬ Spooky, quiet, scary atmosphere piano songs – Skittlegirl Sound


このオーディオ不具合の根本的な原因はまだ不明です。ハードウェアの故障の可能性を推測する人もいますが、ソフトウェアの不具合を示唆する説が有力です。

これは、影響を受けたユーザーのほとんどが、交換用デバイスを受け取った後も同じ問題に直面しているという事実からも裏付けられます。現在のところ、Appleはこれらのスピーカー関連の懸念について公式に認識しておらず、対処もしていません。

過熱の問題

過熱は、iPhone 15シリーズ、特にProとPro Maxモデルを悩ませているもう一つの重要な問題です。多くのユーザーから、ウェブブラウジングなどの基本的な作業中にデバイスが非常に熱くなることが報告されています。

一部のユーザーは影響を受けていませんが、ソーシャルメディアで検索すると、iPhone 15 Proモデルの過熱に関する苦情が多数寄せられていることがわかります。


Appleは当初、オーバーヒートは標準的なソフトウェアに関連した状態によるものだとしていました。初期セットアップ中、バックアップからの復元後、ワイヤレス充電中、グラフィックやプロセッサを多用するアプリケーションの実行中にiPhoneが発熱するのは一般的なことだと説明していました。

しかし、最近の出来事として、AppleはiOS 17のソフトウェアの不具合が原因でiPhone 15モデルが異常に高温で動作していることを認めました。Appleは、これはハードウェアの欠陥ではないことをユーザーに保証し、この問題を修正するためのソフトウェアアップデートを約束しています。

まとめ

iPhone 15シリーズは、多くの先進的な機能と改善を誇っていますが、このような初期の不具合は、確かにその発売に影を落としています。
ユーザーは、これらの差し迫った問題に対するAppleの対応と解決策を待ち望んでいます。

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)