iPhone 15 Pro Maxは他のiPhone 15モデルよりも生産スケジュールが遅れているようです

iPhone 15 Pro Maxは他のiPhone 15モデルよりも生産スケジュールが遅れているようです

Appleは、9月12日に開催予定のiPhone 15の発表イベントを「Wonderlust」というキャッチフレーズで紹介しました。

今日、著名なアナリストであるMing-Chi Kuo氏からの情報によれば、iPhone 15とiPhone 15 Proの生産状況やAppleがこれまでに遭遇した課題についての新しい情報が明らかになりました。

Kuo氏によると、iPhone 15 Pro Maxは最後に生産が開始されたため、他のiPhone 15モデルよりも生産スケジュールが遅れているようで、iPhone 15 Pro Maxが3〜4週間遅れる可能性を示唆した以前の分析と一致しています。


また、AppleはiPhone 15 Proシリーズの新しいチタンフレームに関する生産の課題に直面しているとKuo氏は述べています。

ここでの課題は、”高い加工難易度と開発中の大幅な設計変更 “にあります。同氏は特に、Appleがソリッドステートボタンのプロジェクトを中止したことを、ここでの最大の要因として指摘しています。


Appleは当初、物理的なボリュームボタンとミュートスイッチをソリッドステートボタンに置き換える計画を立てていましたが、製造上の問題からその計画を断念しました。

この決定はどうやら、大量生産に影響が残るほど開発プロセスの後半で下されたようです。

Kuo氏の報告からの主なポイント:

  • 生産の主な課題は、積層CIS(マザーボード)、ディスプレイパネル、熱に反応して膨張するバッテリー、そしてチタンフレームに関連しています。
  • 積層CIS(マザーボード)の問題は生産能力を増やすことで解決されましたが、通常モデルの出荷の約10〜15%に影響を及ぼしています。
  • 供給業者の比率を変更することで、パネルの問題が解決されました。
  • バッテリーとフレームの問題は、生産の成功率を向上させることで主に解決されました。
  • チタンフレームは、デバイスの軽量化に寄与すると期待されています。


iPhone 15 の 4 つのモデルすべてには USB-C ポートとダイナミック アイランドが搭載されると予想されていますが、Pro モデルには、より高速な A17 Bionic チップ、カスタマイズ可能なアクション ボタン、Wi-Fi 6E サポートなど、他のいくつかの新機能が噂されています。

最後に、Appleは9月12日の特別な「Wonderlust」イベントでiPhone 15とiPhone 15 Proのラインナップを発表する予定です。予約は9月15日から開始される予定です。

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)