iPhone 15の生産受注計画から、Appleがあなたがどれを買うと考えているかが明らかに

iPhone 15の生産受注計画から、Appleがあなたがどれを買うと考えているかが明らかに

iPhone 15 Pro Max:Appleの次なるビッグ・シング

iPhone 15シリーズの発売が間近に迫り、そのラインナップの中でも、特にiPhone 15 Pro Maxに対する期待が高まっています。このモデルがなぜこれほど注目されているのか、そしてAppleがどのような戦略を持っているのか?

Appleの生産計画を垣間見る

最近の報道で、AppleのiPhone 15シリーズの生産計画が明らかになりました。同社は、2023年になんと8,630万台を生産する準備を進めています。その内訳は以下の通りです:

  • iPhone 15:約2,180万台(全体の25%)
  • iPhone 15 Plus:約850万台(10%)
  • iPhone 15 Pro:約2,420万台(28%)
  • iPhone 15 Pro Max:約3,180万台(37%)


この数字を見れば、AppleがiPhone 15 Pro Maxをかなり重視していることは一目瞭然で、iPhone 15全体の生産台数の3分の1以上を占めると予想されます。

iPhone 15 Pro Maxが際立つ理由

Appleの戦略は、特にiPhone 15 Pro Maxが最も高価なモデルになることを考えると、眉をひそめる人もいるかもしれません。しかし、このモデルのターゲット層である最新で最高のものを求める人々は、9月に発売されるiPhoneを購入する可能性が最も高い人々で、Appleのイノベーションの頂点を体験しようと、9月の発売を心待ちにしている人たちです。

興味深いことに、iPhone 14が安定した売れ行きを維持している一方で、Proの売れ行きは鈍化しています。

もうひとつの興味深い要素は、AppleがiPhone 15 Plusに対して明らかに自信をなくしていることです。これは、iPhone miniもPlusも市場に大きな波風を立てなかった昨年の傾向を反映しています。

iPhone 15 Pro Maxに期待すること

iPhone 15 Pro Maxは、単に数字が大きくなるだけではありません。

前モデルであるiPhone 14に比べ、大幅なアップグレードが期待されています。Appleは、最先端のA17 Bionicチップや斬新で合理的なデザインなど、最上級の機能をProモデル用に用意しています。

(Via iMore.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)