iPhone 11およびiPhone 11 Proのカメラアプリをマスターするハウツービデオが公開

iPhone 11およびiPhone 11 Proのカメラアプリをマスターするハウツービデオが公開

Phone 11およびiPhone 11 Proのカメラアプリが更新され、新しい超広角レンズを活用できるようになりました

appleinsiderが、新機能を使用して最高の写真を撮影するためのハウツービデオを公開しています、全編英語ですがビデオなので見るだけで理解できると思います

QuickTake

iPhone 11とiPhone 11 Pro以外の iPhone では、シャッターボタンを押したまますると、シャッターが解除されるまでバースト画像が撮影されます

IPhone 11 Camera 00001 z

iPhone 11とiPhone 11 Proでは、シャッターボタンを押したまますぐに録画が開始されます

その後、右にスワイプしてビデオがロックするので、シャッターボタンを押し続ける必要はありません

バースト写真の撮影は簡単で、ボタンを押して左にすばやくスワイプするだけです

スポンサーリンク

フレームの外側を含めて撮影

IPhone 11 Camera 00002 z
フレームの外側を含めて撮影は、iPhone 11およびiPhone 11 Proの機能で、最初は無効になっています

ワイドまたはテレレンズで撮影する場合、それぞれ超広角または広角レンズを使用して画像を撮影します、互いに重ねて配置すると、幅の広いショットは基本的に「フレームの外側を含めて」撮影されます

これは、ショットをトリミングまたはレベルアウトするときに有効になります、画像の品質を損なうことなく、斜めの水平線を修正したり、トリミングしたりできます

IPhone 11 Camera 00003 z

有効にするには、「設定」>「カメラ」の順に移動し、「フレームの外側を含めて撮影」を有効にします

写真を使用しない場合は、30日後に自動的に削除され、必要なストレージが削減されます

ナイトモード

ナイトモードは、必要なときにカメラアプリで自動的にトリガーされます、これはシーンで使用可能なライトに基づいて行われます

IPhone 11 Camera 00004 z

アイコンは左上隅、またはシャッターの上の調整トレイに表示されます

オンにすると、カメラは、移動量、光、被写体に基づいて露出時間を選択するために最善を尽く
します、動きが多ければ多いほど、ブレを減らすためシャッターを速くする必要があります

有効にするとシャッターの上に表示される露出カウンターをスライドさせることにより、これを手動でオーバーライドできます

一連のショットをキャプチャし、それらを組み合わせることによって、これらのナイトモードの撮影を行います

スポンサーリンク

アスペクト比の変更

IPhone 11 Camera 00005 z
以前のiPhoneでは、Appleはユーザーが標準の4:3または1:1の正方形の写真を切り替えることを許可していました

iPhone 11は、写真に3つのオプション(4:3、1:1、および16:9)を割り当てることでこれを設定します

さらに良いことは、写真が16:9で撮影された場合、品質を損なうことなく、写真を4:3にトリミングすることができます

ズームの調整

iPhone 11のもう1つの変更点は、ズームレベルを切り替える方法です、タップして2倍になる代わりに、シャッターボタンの上に0.5Xと2Xが目立つように表示されます

IPhone 11 Camera 00006 z

3 つの各タップをタップして間を移動することも、数字に沿ってスワイプしてズーム ホイールを開いて、3 つのレンズ プリセット間または小さな増分の間をスクロールすることもできます

Appleはまた、それらの下にレンズ同等物にラベルを付けます、3 つの元のオプションに戻るには、調整ホイールを下にスワイプします

スポンサーリンク

ワイドポートレートモード

ポートレートモードの実装は、最高の状態で動作するために2つのレンズを必要とします

iPhone XRはソフトウェアを使用してこれをごまかしましたが、それは人々の肖像に限定されていました

IPhone 11 Camera 00007 z

iPhone XS と iPhone XS Max の制限は、テレレンズを使用する場合、常にユーザーに 2 倍にズームインする必要がありました

iPhone 11は、その超広角レンズにより、より手頃な価格のハンドセットで、人間と並んでオブジェクトやペットの真のステレオポートレートモードショットを撮影できるようになりました

iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Maxでは、3番目の超広角レンズが追加されたことにより、Appleはこれらのポートレートショットをより広い角度でキャプチャできるようになりました

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)