iPhone 11モデルの超広角カメラは固定焦点で、Rawキャプチャをサポートしていない

iPhone 11モデルの超広角カメラは固定焦点で、Rawキャプチャをサポートしていない

iPhone 11 モデルの超広角カメラ

Appleの新しく発売した、iPhone 11、iPhone 11 ProおよびiPhone 11 Pro Max、これら3つのデバイスはすべて、超広角カメラモジュールを搭載しています

AppleがiOSデバイスに超広角カメラを搭載したのはこれが初めてであり、新しいカメラにはまったく新しい機能と撮影モードが搭載されています

光学式手ぶれ補正がないことに加えて、3つのモデルすべての超広角カメラユニットは、広角カメラとは異なり、Raw画像データまたはマニュアルフォーカスをまだキャプチャできないことが明らかになりました

IPhone 11 Camera 00002 z

スポンサーリンク

超広角カメラはRAWやマニュアルフォーカスをサポートしていない


理由はまだわかっていませんが、ハライド開発者Sandofskyのツイートに対する多くの回答で指摘されているように、超広角カメラからRaw出力を提供しない理由は、超ワイドカメラからの未修正画像に存在する「タル状の歪み」が原因である可能性があります

Appleは後のiOSアップデートでRawサポートを有効にすることができますが、現時点では、Rawキャプチャは他の2つのカメラモジュールに制限されています

(Via DPReview.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)