調査によると米国の50州の内、36州でiOSはAndroidよりも優勢

調査によると米国の50州の内、36州でiOSはAndroidよりも優勢

36州 vs 14州

PCMagは2月に米国内の2,033人の消費者を対象にさまざまな技術トピックを調査し、州別の人口統計データを収集しました

最新のcomScoreランキングでは、2018年12月の時点で、Androidが米国で54.2%、iOSが44.8%であることが示されていますが、主なAndroidユーザーは14州のみで、iOSが 36州で主流です
Mapping Android vs iOS 00001
回答者の54%がiOSを選び、42%がAndroid、その他が2%でなしが2%でした

もう1つの興味深い事実は、PCMagの調査でAndroidが勝利した州は、アラスカ、アーカンソー、ハワイ、カンザス、ケンタッキー、メイン、モンタナ、ワイオミングなど、主に人口の少ない州だったということです

スポンサーリンク

カリフォルニア州やニューヨーク州ではiOS

iOSでは、最も人気のある州は、回答者の73%がコネチカット州、72%がミズーリ州、そして71%がミシシッピ州でした

人口密度が最も高い州では拮抗しましたが、それでもiOSはかなりのリードを獲得しました

カリフォルニア州とニューヨーク州では、iOSは両州で58%でAndroidはカリフォルニア州で40%(その他 2%)でニューヨーク州で37%(その他 5%)でした

最も拮抗していたのは、コロラド州(iOS 49%、Android 46%)、カンザス州(Android 51%、iOS 49%)、ミネソタ州(iOS 49%、Android 47%)などでした

(Via PCMag.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)