2018年のiPhoneは、Face IDのアルゴリズム改良で高速ロック解除と信頼性を向上

2018年のiPhoneは、Face IDのアルゴリズム改良で高速ロック解除と信頼性を向上

改善されたFace ID

サプライチェーンレポートによると、Appleは2018年のiPhoneラインナップでFace IDアルゴリズムを改良して、ロック解除プロセスをスピードアップし、信頼性を最大300%向上させると主張しています

Appleが2018年のiPhoneで使用しているTrueDepthモジュールは、2017年のiPhone Xで採用したものと同じままです、同社はTrueDepthカメラシステムに多額の投資をしていましたが、その複雑さを考えると、2018年のiPhoneラインナップのために大幅な変更を加えることはほとんどありません

しかし、iPhone Xのフェイスロック解除は、フェイスロックを解除するためにデバイスのフロントカメラのみに依存する他のAndroid携帯と比較して、遅く感じます
ハードウェアに改良を加えなければ、Appleは2018年のiPhoneの全体的なロック解除プロセスをスピードアップするアルゴリズムに集中しているということは意味があり、改善されたアルゴリズムはまた、Face IDの全体的な信頼性を改善するのに役立ちます

スポンサーリンク


2018 iPhone Rendering 005 z
同レポートによると、AppleはデュアルSIM機能を備えたのはiPhone X Plusだけでの発売を予定し、他の2つのiPhoneは引き続き1つのSIM接続を備えています

デュアルSIM電話は米国では一般的ではありませんが、インドや中国などのアジア市場では非常に人気があります、実際これらの市場で発売されたほとんどすべてのスマートフォンは、米国とヨーロッパで単一SIMで発売されても、デュアルSIM機能を備えています

Appleは今年3つの新しいiPhoneを発売する予定です、最も安いのは6.1インチのノッチ付きLCDディスプレイで、他の2つは5.8インチと6.5インチのOLEDパネルを搭載する予定です

3台すべての端末に、Face ID機能を備えたTrueDepthカメラシステムが搭載されます

(Source IT68 , Via iPhone Hacks.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)