Appleの新しい12.9インチのMini LEDバックライト iPad Proは2021年第1四半期に発表

Appleの新しい12.9インチのMini LEDバックライト iPad Proは2021年第1四半期に発表

TrendForceによると、2021年の第1四半期には、Appleは12.9インチのMini LEDバックライトを搭載したiPad Proをリリースするだけでなく、14インチと16インチのMacBookを発売すると予想されています

AppleがMini LEDバックライトを搭載した製品を発売することで、Mini LEDの需要が伸びていることから、同社はMini LEDサプライチェーンのサプライヤーにも生産能力の増強を促しています

TrendForceは…

Mini LEDバックライトディスプレイは、現在の主流ディスプレイの1万:1のコントラスト比に対して、100万:1にも達する高輝度・高コントラスト比を持っています

さらに、60℃から-10℃までの過酷な環境下でも安定した明るさを維持し、正常な機能を維持できるため、信頼性もも高くなっています、これらすべての強みがMini LED技術をブランドメーカーにとって特に魅力的なものにしています

そのため、Appleは今後の新しいディスプレイ製品の計画プロセスの中核分野の1つとして組み込んでいます

スポンサーリンク


現在、LEDのサプライチェーンの上流と下流では、中国メーカーが莫大な生産能力とコスト面での優位性を持っていますが、Appleは米中貿易戦争の影響を避けるため、より安定したサプライチェーンを形成する台湾メーカーとの協力関係を選択しました

また、台湾は中国よりもかなり早くLEDの研究開発に投資しており、技術の成熟度と特許の両方の面で中国をリードしています、これらの利点は、原材料や部品の調達が容易であることと相まって、台湾のサプライヤーは新技術の開発においてより効率的なものとなっています

Appleの12.9インチiPad Proは、10,384個のMini LEDチップを搭載し、局所的な調光により高コントラスト比と高彩度を実現すると予想されており、そのため、サプライチェーンにおけるメーカーの最大の課題は、低コストと高歩留まりの要求であるとTrendForceは指摘しています

(Via TrendForce.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)