Apple IDセキュリティを強化!Face IDとTouch IDでのパスキーログインが登場

Apple IDセキュリティを強化!Face IDとTouch IDでのパスキーログインが登場

iOS 17、iPadOS 17、そしてmacOS Sonomaから、Apple IDを持つユーザーは自動的にパスキーが割り当てられます、これにより、icloud.com、appleid.apple.com、appstoreconnect.apple.comなど、さまざまなAppleのサインインページで、パスワードの代わりにFace IDやTouch IDを使用してApple IDにログインできるようになります

パスキーはパスワードに比べてより安全な代替手段です、Appleは次のように説明しています

パスキーは、あなたには見えない暗号化された情報で、パスワードの代わりに使用されます。パスキーは、公開されるキーと、あなたのデバイスだけが保持する非公開のキーからなるペアで構成されています。この方式は、パスワードに比べてセキュリティが飛躍的に向上します

Apple IDのパスキーサポートは、「Sign in with Apple」機能をサポートするサードパーティのアプリやウェブサイトでも利用できるようになります


iOS 17、iPadOS 17、そしてmacOS Sonomaのベータ版を使用しているユーザーは、今日から対応しているAppleのサインインページでこの機能をテストできますが、まだすべてのユーザーに利用可能ではありません

ソフトウェアのアップデートが今年後半に一般公開されると、Apple IDを持つすべてのユーザーがパスキーを使用してログインできるようになります

Apple IDページでのパスキーサポートは、Twitterユーザー@aaronp613によって以前に発見されました

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)