iOS 16.1、Apple Payの独占禁止法上の懸念でWalletアプリの削除が可能に

iOS 16.1、Apple Payの独占禁止法上の懸念でWalletアプリの削除が可能に

Appleは本日、iOS 16.0 beta 7とiPadOS 16.1 beta 1の両方をリリースし、開発者を驚かせました、そして、どちらのアップデートも大きな変更点はありませんが、Appleは近々iOS 16.1でユーザーにWalletアプリをデバイスから削除出来るようにする予定です

なお、AppleがiPadOS 16のリリースを後日に延期することを確認したため、現時点ではiPadOS 16.1ベータはiPad向けのみとなっています。

、iPhoneユーザー向けにはiOS 16.0が今後数週間のうちにリリースされ、iPadOS 16はバージョン16.1として今秋以降に登場すると予想されています

もちろん、iPadのOSはiPhoneのソフトウェアに大きく依存しているため、iPadOS 16.1はiOS 16.1に何を期待するかを教えてくれます、iPadOS 16.1の内部コードを見ることで、9to5Macは、ユーザーがアップデートでWalletアプリをアンインストールできるようになることを発見しました

スポンサーリンク


以前はPassbookとして知られていたWalletアプリは、iPhoneにデフォルトでインストールされるようになっていて、チケット、交通カード、鍵、そして最も重要な事項として、Apple Payを通じて追加されたクレジットカードやデビットカードを管理することが出来ます

現在、ユーザーは希望すればiPhoneからWalletアプリをアンインストールすることはできなませんが、これは変更されようとしています

WalletアプリはiOS 16.1で「削除可能」になったことがコードを見て明らかになりました

当然ながら、Apple Payなどの一部の機能はWalletアプリがなければ動作しません、この場合、 「App StoreからWalletアプリをダウンロードしてください」 というメッセージが表示されます

iOS 16.1はまだiPhoneでは利用できず、iPadにもWalletアプリがないため、この新しいオプションが使えるかどうかは不明です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)