iOS 16でiPhoneバッテリーのステータスアイコンが物議を醸す理由

iOS 16でiPhoneバッテリーのステータスアイコンが物議を醸す理由

AppleはiOS 16の最新beta 5で、Face IDを搭載したiPhoneのステータスバーバッテリーアイコンをアップデートし、バッテリー残量を視覚的に表示するのではなく、正確なパーセンテージを表示します

この変更は広く歓迎されているものの、その実装方法に不満を抱くユーザーもいます

iOS 15以前では、TrueDepthカメラハードウェアを収容するノッチの両側に領域がないため、バッテリの割合は、Face IDを持つiPhonesには存在していません

新しいデザインでは、バッテリアイコンに特定のバッテリレベルが追加され、バッテリの状態が一目で分かるようになっています

Appleの最新デザインでは、白いバッテリーアイコンが完全に消えた状態のままで、バッテリー残量が徐々に減っていきます、半透明の割合が20%以下になると、バッテリアイコンの5分の1が赤に変わり、残りのアイコンが半透明になり、割合が白に変わります

スポンサーリンク

ステータスバーにiPhoneのバッテリー残量を表示する方法

Appleはスタイルをこのように突然変更したのは、バッテリー残量が減っても中央の数字が読みやすいようにするためのようです

数字の後ろに白いバーが表示されていたら、一目でわかるようにするのは難しいだろう、とAppleのUIデザイナーたちは結論づけたようです

この方法に反対するユーザーもいますが、パーセンテージレベルのバッテリ状態インジケーターの独自の代替設計を提案するユーザーもいます


スポンサーリンク


おそらくAppleは、このような小さなデザイン変更がこれほど物議を醸すことになるとは予想していなかったのだろうし、一部のユーザーは、iPhoneのバッテリー残量をどのように表示したいかについて明確な考えを持っていたのだと思われます

一部のユーザーにとっては、これは単に、よく考えられていないUIデザインだと思われるものを指摘するだけの話です

それ以外の人にとっては、バッテリーの残量が少ないことへの不安が、主な引き金になっています、いずれにしても、この話題は驚くほど白熱しているが、パーセンテージの表示はオプションであることを忘れがちです

もちろん、バッテリ残量を示すインジケータのデザインは確定しておらず、AppleはiOS 16の後のベータ版、または正式版でこれを変更する可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)