Apple、iOS 12.0.1をリリース後、iOS 12の署名を停止しました

Apple、iOS 12.0.1をリリース後、iOS 12の署名を停止しました

iOS 12には復元出来ない

Appleは、9月にiOS 12の正式版をリリースしその後、今月初めにiOS 12.0.1をリリースしましたが、iOS 12の署名を停止しました、つまりユーザは最新のiOS 12.0.1しか復元出来なくなりました

今月初めにリリースされた iOS 12.0.1は、バグの修正とパフォーマンスの向上に重点を置いていました。アップデートには、iPhone XSの課金問題、Wi-Fiの問題などの修正が含まれていました

iOSの次のリビジョン、iOS 12.1は、現在、開発者とパブリックベータの両方のベータ版です。これには、Group FaceTime、eSIMを搭載したデュアルSIM、新しい絵文字のサポートが含まれます。今月中に、または来月初めにiOS 12.1がリリースされる予定です

スポンサーリンク

iOSの次のリビジョン、iOS 12.1は、現在、開発者とパブリックベータの両方のベータ版です。これには、Group FaceTime、eSIMを搭載したデュアルSIM、新しい絵文字のサポートが含まれます。今月中に、または来月初めにiOS 12.1がリリースされる予定です。

Appleが新しいバージョンをリリースするときに古いバージョンのiOSに署名するのは普通で、これは驚くことではありません

これにより、ユーザーはオペレーティングシステムのより古い、より不安定なバージョンを実行できなくなり、ユーザーは最新の安全なリリースになっていることが保証されます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)