iOS 12の主な機能の1つがパフォーマンス、古いデバイスでiOS 12が動作する速度は?ビデオで確認!

iOS 12の主な機能の1つがパフォーマンス、古いデバイスでiOS 12が動作する速度は?ビデオで確認!

パフォーマンスの向上

Appleは古いデバイスに特に注意を払っており、iOS 12はiOS 11を動作させることができるすべてのiPhoneとiPadで動作するため、良いニュースであると言いました

iOS 11はバグと低迷の評判のために、Appleはバッテリの消費で減速し多いに問題になりました

Appleは、iOS 12でその改善を目指しています
システム全体のパフォーマンスが向上し、アプリの起動がすばやくスクロールもしやすくなります

Appleは、よりスムーズなアニメーション、より速いアプリケーションの起動、キーボードの表示、共有シートのプレゼンテーションなどを含むiOS 12のパフォーマンス機能を紹介しています

Appleの統計によれば、アプリケーションの起動は最大40%速く、負荷がかかると最大2倍速くなります
キーボードは以前よりも約1.5倍速くなり、応答性の高い入力が可能になります

ロック画面からカメラを起動することもiOS 12の重要な焦点であり、AppleはiPhone 6 Plusで約70%のスピードを上げるとAppleは発表しています
Ios 12 Speed 001 z

現在、テストに試用出来るのは、まだiOS 12 beta 1と言うことを認識しておく必要があります、Appleは、秋の正式版リリースまでに、安定性とパフォーマンスをアップデートします

スポンサーリンク


今年はかなり目立っていますが、多くの人がiOS 11.4の正式バージョンよりもiOS 12 betaの方が優れたパフォーマンスを見ているということです

最新のデバイスでさえも、スクロールでは目立った改善が見られますが、iPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6sなどの古いiPhoneやiPadで大きな成果が得られます

Twitter上で、古いハードウェアでiOS 12を使用したときの最初の印象は満場一致で肯定的でした

サポートされる最も古いiOS 12デバイスはiPhone 5です、 iAppleBytesのビデオでは、iOS 11.4を実行しているiPhone 5と、iOS 12を実行しているiPhone 5が一堂に会しています

ほとんどの場合、iOS 12のエクスペリエンスは優れており、ファーストパーティやサードパーティ製のアプリでのアプリの起動時間が短縮され、スクロール時のフレームの脱落が少なく、キーボードの遅延が大幅に短縮されます

iPhone 8で動作しているiOS 12のアプリ起動スピードは次のとおりです

このYouTuberはiPhone 6のベンチマークスコアで30%の飛躍を見せています、Appleは、ソフトウェアをハードウェアで動作させる方法をチューニングしたと言います

(Via 9to5Mac.)

しかしながら、iOS 12は未だbeta 1でクラッシュするようなバグはないと言われていますが、それでもバグはあります

今確認されているバグに関しては、こちらに投稿しているので確認してから、自己責任でインストールするようにしてください


では、では・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)