「iOS 12 Beta」ほとんどバグがなく、重大なクラッシュはほとんどないが、これまでに発見された問題(随時追記あり)

「iOS 12 Beta」ほとんどバグがなく、重大なクラッシュはほとんどないが、これまでに発見された問題(随時追記あり)

WWDC 2018での基調講演を終えた直後に、Appleはすべての互換性のあるiPhoneとiPad用のiOS 12の最初の開発者向けベータ版をリリースしました

ベータ版は、Appleが基調講演で約束したように、古いiPhoneでも非常に高速なようです

さらに興味深いことに、人々は、betaビルドにはほとんどバグがなく、重大なクラッシュはほとんどないと言っています

しかし、ベータ版はベータ版であり、いくつかのバグや問題があります、以下、iPhoneとiPadでiOS 12デベロッパーベータ版を実行している間に発生したバグのリストです

スポンサーリンク

今まで発見された問題

  • おそらく、iOS 12の最大の問題は、「AppStoreに接続できません」というエラーが表示されているため、多くのユーザーがApp Storeを使用できないという不満を抱いています
  • ログイン後、Skypeアプリが強制終了することがあります
  • Real Racing 3のようなポピュラーなEAゲームは、発売後にクラッシュする可能性があります
  • パーソナルホットスポット機能は、iOS 12を実行しているすべてのデバイスで機能しない可能性があります
  • 多くのアプリで通知バッジが正しく機能していません
  • 辞書機能は利用できません
  • iOS 12ではFortniteが適切に動作していません
  • 会話を切り替えると、Facebookメッセンジャーにキーボードの不具合があります
  • セルラーアイコンは、Wi-FiのみのiPadsに表示されます
  • キーボードの提案は、iOS 12では正しく機能しません、特定のUIの不具合が見られる場合があります
  • 特定の銀行業務アプリケーションが正しく機能していません
  • 特定の通知関連の設定をオン/オフに切り替えると、設定アプリがクラッシュします
  • PandoraアプリはiOS 12 beta 1で壊れています
  • Safariの提案とシステムが正常に動作しないため、Safariの一部とシステムが休止しているようです
  • メッセージのCameraアプリで新しいエフェクトが機能していません

追記{6月6日)

  • ロック画面には特定の視覚障害があります
  • 3D Touchを使用してアイコンから表示されるすべてのコンテキストメニューは、半透明で読みにくい
  • Wazeなどの特定のナビゲーションアプリでは、GPS信号を取得する際に問題が発生します

iOS 12には、新しいOSリリースの最初のデベロッパーベータに通常存在する大きなパフォーマンス上の問題はないことは間違いなく印象的です

バグの数も少ないです、これは、Appleが、OSの全体的な性能を向上させ、その新しい機能を追加するよりも安定性を向上させることに重点を置いていることを明確に示しています

それでも、上記のバグのいずれかが問題となるならば、iPhoneまたはiPadにiOS 12をインストールすることを避けてください

(Via iPhone Hacks.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)