Apple Watch Ultra、ソフトウェアアップデートで60時間駆動へ

Apple Watch Ultra、ソフトウェアアップデートで60時間駆動へ

Apple Watch Ultraのオーナーは、ソフトウェアアップデートにより、1回の充電でこれまで以上に長い時間使用できるようになりました

watchOS 9.1アップデートでは、Apple Watch Ultraのユーザーがハイキング中でも60時間のバッテリー駆動時間を期待できることを意味する新しい設定が追加されています

この機能は、Appleの最も派手な時計に最大の違いをもたらしますが、恩恵を受けるのはこれだけではありません

新しいApple Watch Series 8と新しくなったApple Watch SEも、バッテリー駆動時間を延長しています

この新機能は、実は[設定]>[ワークアウト]の[GPSと心拍数の測定頻度を減らす]という一つのトグルになっています

2022 10 25 22 25 30

Appleは、トグルをオンにすると次のようになるとと述べています

GPSと心拍数の測定の頻度を減らして、アラート、スプリット、セグメントをオフにすることにより、ウォーキング、ランニング、およびハイキングのワークアウトでのバッテリーの取動時間を節約します
このモードはほかの種類のワークアウトには適用されません
カスタムやペーサーワークアウトにも適用されません

Apple Watch Ultraを使用している場合、60時間という長さでバッテリーを節約することができます

スポンサーリンク


Appleはどこまで数値を下げているのか?この設定を有効にすると、心拍数の測定値は1分ごとに1回に削減され、GPSの測定値は2分ごとに1回に削減されます

その結果、心拍数と GPS マッピング データが以前ほど正確でなくなる可能性がありますが、Apple は少なくとも後者に対処するための新しいアルゴリズムをいくつか容易しています

Apple Watchのセンサーからの地図データと情報を使用して、たとえば、ルートや移動距離をプロットするときに、より少ないデータポイントを処理しようとしますが、心配はいりません

この新しい超低電力モードでワークアウトを行った場合でも、それに値する完全なクレジットを得ることができます

特にApple Watch Ultraのバッテリーでさえ何日も持たないのではないかと心配していた人にとって、これが超アウトドア向けの最高のApple Watchの最高のアップグレードであることは間違いありません











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)