Apple、文鎮化問題を解消した「watchOS 5.1.1」をリリース

Apple、文鎮化問題を解消した「watchOS 5.1.1」をリリース

watchOS 5.1.1

Appleは、10月30日(現地時間)にリリースし文鎮化問題を起した「watchOS 5.1」の問題を修正した「watchOS 5.1.1」をリリースしています
WatchOS 5 1 1 00001
アップデートはペアリングされたiPhoneのアプリ「Watch」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」よりおこなえます

watchOS 5.1.1に関するAppleのリリースノートには、レンガの問題については特に言及していませんが、この問題を解決したアップデートと思われます

スポンサーリンク


watchOS 5.1.1には、10月30日(現地時間)にリリースされた元のwatchOS 5.1ソフトウェアアップデートと同じメンテナンスポイントが含まれています

  • Apple Watch Series 4は、激しい落下を検出してから約1分間不動であれば自動的に緊急サービスに連絡します。ウォッチはまた、レスポンダーにApple Watchが落下を検出し、可能であればあなたの位置座標を共有していることを知らせるメッセージを再生します。
  • 一部のユーザーのためにWalkie-Talkieアプリの不完全なインストールを引き起こす可能性がある問題を修正しました
  • Walkie Talkieで招待状を送信または受信できない問題を解決しました
  • 以前に獲得したアクティビティアワードの一部が、一部のユーザーのアクティビティアプリのアワードタブに表示されない問題を解決しました

アップデートしたところ、問題なくアップデート出来ました











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)