Appleがターゲット: 中国の拡大するiPhone禁止の影響とは

Appleがターゲット: 中国の拡大するiPhone禁止の影響とは

Appleの市場地位を脅かす中国のiPhone禁止

The Wall Street Journalの最近の報道によれば、中国政府が外国製のデバイス、特にiPhoneに対する姿勢がますます厳格になっていることが明らかになっています。

政府のオフィスでのiPhoneや他の外国製ガジェットの初期の禁止は、氷山の一角に過ぎないかもしれません。

以前、中央政府の規制当局の一部だけがこれらのデバイスをオフィスから遠ざけるよう指示を受けたと報じられていました。しかし、Bloombergからの最近の情報によれば、中国はこの禁止を国営の機関や企業にまで拡大する予定かもしれません。


この動きは単なる政策変更ではありません。Appleにとって深刻な意味を持つ重要なシフトです。中国はAppleの総収益の驚くべき5分の1を占めています。さらに、数百万の中国の労働者がiPhoneの生産に専念する工場で働いています。

興味深いことに、この禁止はHuaweiが新しいMate 60 Proを発売した直後に来ています。このHuaweiの動きは、同社に対する以前の米国の制裁に直接挑戦するものと見られています。

Appleと中国との関係は常に複雑でした。米中の緊張が続く中、Tim Cookのリーダーシップの下でAppleはアジアの巨人とのバランスの取れた関係を維持してきました。Cookは今年初めの訪問中に、Appleと中国との絆を「共生」と表現しました。

Appleはインドなどの国々に投資して供給チェーンを多様化する努力をしていますが、中国への依存は依然として大きいです。


iPhone 15の発表が間近に迫る中、この禁止がAppleの戦略や近い将来の市場地位にどのように影響するかは未知数です。

次のiPhone 15は、Dynamic Islandカットアウト、強化されたカメラ機能、USB-Cポートなど、多くの新機能をもたらすと予想されています。Proモデルには、新しいチップやチタンフレームなどのアップグレードが噂されています。

(Via BGR.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)