Appleの時価総額が3兆ドルに迫る、その成長戦略を深掘り

Appleの時価総額が3兆ドルに迫る、その成長戦略を深掘り

Appleの強気相場:その理由と特異性

ウォール街で起こっている興味深い現象があります、それは、GoogleやTeslaなどの大手テクノロジー企業が今年大きな利益を上げているにもかかわらず、アナリストから慎重な評価が下されているという事実です

しかし、この中でも一際目立つ存在がAppleです

Appleの基本的な要素:他とは一線を画す

Appleの株価は今年だけで50%以上も上昇し、新たな最高値を連日更新しています

しかし、株価のRSIが70を示し、過買状態を示唆している中で、Appleが次に冷却命令を受ける大手企業になる可能性があるのでしょうか?しかし、それはあまりありそうにありません

Appleの強さ:その証拠

なぜなら、Appleは過去10年以上で最も強い前半期を過ごしており、これはAppleが長期的な購入と保有の候補であることを確認しているからです


例えば、GoogleやTeslaとは異なり、Appleの最新の収益報告は、強気のケースを裏付ける基本的なサポートを強化しました

アナリストの予想を大きく上回る数字が出され、四半期配当が引き上げられ、新たに900億ドルの買い戻しプログラムが承認されました、Appleにとっては、収益の風向きが悪化するどころか、逆に改善しています

Appleの未来:4兆ドルの市場価値へ

Appleの市場価値が初めて3兆ドルに近づいているときでも、アナリストのDan Ives氏は4兆ドルの市場価値を予測することを恐れていません

彼は長期的なAppleの強気派であり、Appleの株価と市場ポテンシャルに対して最もポジティブな見方を持っています

彼は、他の多くのテクノロジー企業が足踏みを始めている中、Appleは本格的な勢いをつけていると述べています

Appleのエコシステム:AIによるアプリエコシステムへ

さらに、Appleのエコシステムはおそらくこれまでで最も強固で、最近CEOのTim Cookが新しいVision Proヘッドセットを発表しました、これは、Appleが人工知能による包括的なアプリエコシステムを確立するための重要なステップとして受け入れられています

結論:Appleへの投資はまだ始まったばかり

大きなランを遂げた株に対して慎重になることは何も間違っていませんが、Appleについてはまだスタートラインに立っている可能性があります


Appleの株価は、大きなプレーヤーが利益を確定していないことを示す、高値更新と安値更新の連続という、数ヶ月にわたる強い動きを見せています、そして、2021年の前回の最高値を最近超えたことで、それが堅固なサポートラインとなっています

以上のことから、Appleの強気相場は他とは異なる特異性を持っていることが明らかです

その強さは基本的な要素に裏打ちされ、4兆ドルの市場価値を目指す未来が待っています、そして、そのエコシステムはAIによるアプリエコシステムへと進化を続けています

これらの要素を考慮に入れると、Appleへの投資はまだ始まったばかりであると言えるでしょう

(Via Market Beat.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)