Apple Payのビジネス開発ディレクターが退社し、将来のイノベーションに関する憶測が広がる

Apple Payのビジネス開発ディレクターが退社し、将来のイノベーションに関する憶測が広がる

Apple Payのビジネス開発とタップで支払いを管理していたAppleの役員が、iAppleでの8年間のキャリアを経て退社しました

会社からの役員の流出が続いており、Eric Hoffman氏は新たな舞台に進むとされています

Hoffman氏はApple Payビジネス開発のディレクターでした

Hoffman氏はAppleに8年以上在籍し、LinkedInのプロフィールによれば、2014年にAppleに入社し、Apple Payを構築・拡大するための最初の外部採用者の一人となりました

これには、支払いパートナーシップのチームの管理や銀行、商店、FinTech企業との連携も含まれていました

現時点ではHoffman氏がどこに向かうのかは明確ではありません


Hoffman氏の退職により、Appleを去る役員のグループが徐々に増えており、たった2ヶ月で4人の役員が離れています

これには、5月中に退社することになっていたビデオ、スポーツ、Apple TV+担当のシニアディレクター、Pete Distad氏も含まれています

(Via Apple Insider.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)