Appleの歴史コレクションの「膨大な宝庫」が来週オークションにかけられる

Appleの歴史コレクションの「膨大な宝庫」が来週オークションにかけられる

ars technicaが指摘しているように、来週、オークションハウスのJulien’s Auctionsが、500台以上のAppleコンピュータ、部品、ソフトウェア、そしてたまに現物が含まれるHanspeter Luziコレクションを競売にかける際に、古典的なAppleコンピューティングの歴史の「膨大な宝物」が紹介されます

記事によると、Steve Jobsの画期的な企業の愛好家たちは、Appleが家庭用品の名前となるまでにどのようになったかを示すデバイスのセットを手に入れることができます
2023 03 25 10 34 50
コレクションには、モニターやディスクドライブ、ゲームパドルが付属した1979年から1982年までのApple II Plusや、オリジナルの1984年のMacintoshなどが含まれています
2023 03 25 10 36 06
「Hanspeter Luzi Vintage Apple Archive」には、スイスの教師兼起業家が数十年にわたって集めた500台以上のコンピュータやAppleガジェットが含まれています


「私たちの前にあるすべての製品は、文化的な時代精神を形成し、私たちが仕事をしたり、学んだり、運営したり、コミュニケーションを取ったり、余暇を過ごしたりする方法に文化的な変化をもたらしました。今は興味深い時代です…家庭用のAppleコンピュータから歴史的なアーティファクトへと移行しました」と、Julien’s AuctionsのErik Rosenblum氏はBarron’sに語っています
2023 03 25 10 35 52

(Via .)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)