Apple、AirPods Pro 2が圧倒的な強さ、AirPods 3の出荷は鈍化

Apple、AirPods Pro 2が圧倒的な強さ、AirPods 3の出荷は鈍化

Canalysは2022年第4四半期の「スマートパーソナルオーディオ市場」の内訳を発表しました、想像の通り、Appleは自社の出荷台数と市場全体が前年同期比で減少したにもかかわらず、年末年始の四半期に圧倒的な強さを発揮しています

Canalysは、「スマートパーソナルオーディオ市場」の中で、いくつかの異なるサブカテゴリーを設けています、このカテゴリーは、2022年のホリデーシーズンにおけるワイヤレスステレオの出荷台数(TWS出荷台数)に特化したものです

同四半期について、CanalysはTWS市場全体の出荷台数が23%減の7,950万台に減少したと推定している

これをもう少し詳しく説明すると次のようになります

  • ワイヤレスイヤホンの出荷台数は36%減
  • ワイヤレスヘッドフォン出荷台数は25%減

特にAppleは前年比30%減で、これは第3世代AirPodsの発売が2021年第4四半期の出荷台数を押し上げたことに起因するとCanalysは述べています、それでも2022年第4四半期は、前年同期比で減少したにもかかわらず、Appleが業界全体を支配しました

AirPods Pro 2は2022年第4四半期のAirPods出荷台数の63%を占め、これにより、年末商戦で最も人気のあるAirPodsとなっています
2023 03 08 11 07 05


AirPods Pro 2は、200ドルから299ドルの価格帯で出荷台数が44%増加しました

2022年通年で見ると、Appleは出荷台数9,140万台でTWS市場全体の32.8%を占めていた (2021年比1%減) 。2位はSamsungの2,560万台で、以下Xiaomi、boAt、Skullcandyと続いています

2023 03 08 11 07 23
興味深いことに、CanalysはAirPods 3の出荷が鈍化しているとも述べており、AirPodsの 「市場パフォーマンスの低下」 に言及しています

CanalysのアナリストCynthia Chenは次のように述べています

200~299ドルの価格帯では、Appleの第2世代AirPods Proが牽引して出荷が増加しました。 第 3 世代 AirPods の市場パフォーマンスの低下は別として、世界レベルで起こっている消費の格下げは、100 ~ 199 米ドルの価格帯の縮小に貢献しました。 規模が大きいことが多いスマートフォン ベンダーは、市場シェアの縮小を目の当たりにして、最も重大な影響を感じました

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)