iPhone 15 Proの次世代チップ機能により、現在のiPhoneユーザーのアップグレード需要が高まる見込み

iPhone 15 Proの次世代チップ機能により、現在のiPhoneユーザーのアップグレード需要が高まる見込み

Appleの次期iPhone 15 Proモデルは、TSMCの第1世代3nmプロセスをベースにしたAppleの初のiPhoneチップであるA17プロセッサーによって可能になる大幅な改善により、古いiPhoneの所有者の間で「交換需要」を引き起こす可能性があると、AppleのiPhone供給チェーンに関与するサプライヤーが述べています

最新のDigiTimes業界レポートから引用すると、TSMCのN3E(3nm enhanced)テクノロジーによって、次期iPhoneシリーズの仕様の大幅なアップグレードが可能になると、情報筋は述べています、iPhoneのサプライチェーンに関わるサプライヤーたちは、2023年モデルの交換需要を予測しています

最近よく耳にするように、Appleは今年、TSMCの3nm技術を採用することが広く期待されており、これはおそらくiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Maxモデルに動力を供給するA17 Bionicチップになるでしょう

スポンサーリンク


第1世代の3nmプロセス(N3とも呼ばれる)は、iPhone 14 ProおよびPro MaxのA16 Bionicチップを作るために使用されたTSMCの5nmベースのN4製造プロセスに比べて、35%の電力効率向上を提供するとされています、N3テクノロジーは、5nmで製造された現在のチップに比べて大幅に改善された性能も提供します

報道によると、Appleは第1世代の3nmテクノロジーの初期注文の100%を調達したとされていますが、製造にかかるコストが高いにもかかわらず、Samsungなどの競合スマートフォンベンダーは価格が下がるのを待つ意向を示しており、グローバル経済の不況が予想される2023年のアンドロイド市場を乗り切ろうとしています。

Appleのより高速なA17チップは、iPhone 15 ProおよびPro Maxに限定されますが、iPhone 15およびiPhone 15 Plusは、iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxで初めて使用されたA16チップを採用する予定です

TSMCは、N3の強化版であるN3Eを今年の後半に商業生産に移行する準備を整えており、Appleは再びこのプロセスを採用する最初の顧客になると予想されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)