チタン製のApple Watch Ultraをベースに想像されるiPhone Ultraのデザインが公開される

チタン製のApple Watch Ultraをベースに想像されるiPhone Ultraのデザインが公開される

Appleは今後数年のうちにチタン製のiPhoneを発表するとともに、スマートフォン向けの新しいUltraシリーズを発表するとの期待が高まっています

それがどのように実現されるかは定かではありませんが、Apple Watch UltraのデザインをiPhoneに落し込んだ場合、どのように見えるかを視覚化した新しいレンダリング画像が公開されました

背景を少し説明すると、昨年、Appleがチタン製iPhoneを発売する可能性を示唆する情報が増え、別の特許が明らかになったことに加え、新しい金属を採用したiPhone 15が今秋に発売されるかもしれないという噂が流れました、また、このデザインは丸みを帯びたバックエッジの角を特徴とする可能性があるとも言われています

これとは別に、BloombergのMark Gurman氏によると、Appleは2024年にiPhone Ultraと共に、スマートフォンのラインナップに新しい高級機を追加することを考えており、それはPro Maxの上位に位置するものであり、Gurman氏は、より大きな画面、より優れたカメラ、および/またはより優れたチップによって、それ自身を際立たせることができると考えています

Gurman氏は、2024年に登場する可能性のあるiPhone Ultraが折りたたみ式になるとは考えていません

スポンサーリンク


デザイナーのJonas Daehnert氏は、iPhone Ultraのレンダリング画像をTwitterで公開しました

これはチタン製のiPhone 15や、2024年に発売される可能性のあるiPhone Ultraへの期待に基づいたものではありません

むしろ、Jonas氏はTwitterで「私は全てのリークについて全く知らない、これは、Watch Ultraのデザインを適応させることが可能かどうかを確認するための演習に過ぎない」と述べています

Apple Watch Ultra DNAは、インターナショナルオレンジのアクションボタンとボトムポートのアクセント、盛り上がったボタンとゴツゴツしたリンガースイッチ、スピーカーの切り抜き、ハードディスプレイのエッジ、丸みを帯びた角などが特徴です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)