iPhoneディスプレイの大手サプライヤー、ベトナムに2億5,000万ドルのOLED工場建設へ

iPhoneディスプレイの大手サプライヤー、ベトナムに2億5,000万ドルのOLED工場建設へ

AppleのサプライヤーであるBOEは、将来のiPhoneに使用される可能性が高いOLEDディスプレイパネルの製造に特化した工場を建設するため、ベトナム北部の数十ヘクタールの土地を借りる交渉を行っています

ベトナム紙VNExpressによると、中国企業は100ヘクタールの土地に最大4億ドルを投資することを目指しており、その半分はOLEDスクリーンの製造に特化した2億5,000万ドル規模の工場の建設に使用される可能性があるとのことです、BOEは2025年までにすべての建設工事を完了する予定です

この計画は、地政学的緊張や、AppleのCOVID-19のロックダウン措置による混乱の中で、中国へのサプライチェーンの依存を減らすための同国の取り組みを強調しています、台湾のFoxconnと中国のLuxshare Precision Industryは、既にこの地域でMacBookやiPadを含む多くのApple製品を製造または製造する計画を立てています


AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、BOEは2024年までに新型iPhoneのディスプレイの最大サプライヤーになる見込みだとされ、伝えられるところによると、同社は次期iPhone 15とiPhone 15 s Plusの受注でSamsungを打ち負かし、2024年までにiPhone 向けのハイエンドLTPOディスプレイの大量出荷を開始し、最大のディスプレイサプライヤーとなるよていです

今週初めには、AppleがiPhoneやApple Watchのような将来の一部のモバイルデバイスには、自社で設計したカスタムデザインのディスプレイを使用する予定ですが、ディスプレイは引き続き外部サプライヤーによって製造される可能性が高いと、Bloombergは報じています

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)