中国の新型コロナウイルス感染者が急増、AppleのiPhone 14の供給を直撃する可能性

中国の新型コロナウイルス感染者が急増、AppleのiPhone 14の供給を直撃する可能性

Appleの重要な生産拠点の一つが新たな新型コロナウイルスの感染の波に見舞われ、同社のiPhone 14のサプライチェーンが再び脅威にさらされています

The Timesの報道によると、河南省鄭州市にあるFoxconnの工場で、新型コロナウイルスが再び従業員に蔓延しているとのことです

この工場では20万人以上が働いており、工場内部の関係者は、Foxconnの上司がウイルスに感染した住み込み生産センターの従業員に対し、病気にもかかわらず仕事を続けるよう強制していると主張しています

これまでの生産目標が達成されていないため、不足分を補うために病気の労働者を働かせていることが解っています

数週間前に労働者と警察の間で賃金と生活環境をめぐる抗議デモが発生した工場都市の全般的な不安と相まって、すでに減少しているiPhone 14とiPhone 14 Proの出荷はさらに遅れる可能性があります

スポンサーリンク


中国では新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、COVID-19の感染率が最悪の水準まで回復しつつあります、中国政府が導入した厳格な措置に対する全国的な抗議活動によって制限が解除された後、過去20日間で推定2億5000万人が中国で新型コロナウイルスの陽性反応を示しました

サプライチェーンの混乱は、Appleにグローバル生産へのアプローチを再考させています

かつては主に中国に製造拠点を置いていましたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、生産の大半を1つの国に集中させることの危険性が明らかになりました

米国最大の経済的ライバルである中国との協力に伴う地政学的緊張を乗り切ることは言うまでもないことです、そのため、同社は一部のiPad生産をインドの拠点に移行し始め、MacBookの生産負荷の一部をベトナムが担うことになるとみられています

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)