Apple Carを自動運転車から高速道路でのみ自動運転できる車に規模を縮小し2026年までに10万ドル未満で発売へ

Apple Carを自動運転車から高速道路でのみ自動運転できる車に規模を縮小し2026年までに10万ドル未満で発売へ

Appleは2026年までにAppleブランドの一般消費者向け自動車を発売することを目指しており、10万ドル以下の価格帯でより幅広い層の顧客にアピールすることを目指していると、Bloombergが報じています

Appleは当初、カヌーの「ライフスタイル・ビークル (Lifestyle Vehicle) 」に似た、ハンドルやペダルのないリムジンスタイルの車をデザインする予定でしたが、計画は縮小されました

2022 12 07 09 11 22

運転席、ハンドル、ペダルを備えた伝統的なデザインとなり、完全な自動運転はできないが、高速道路では自動運転モードを使用できるようになります

Appleの主なライバルは、ある程度の自動運転機能を備えた電気自動車を特徴とするブランドであるテスラになる可能性があります、テスラ車の価格は約47,000ドルからですが、10万ドルを超えることもあります

ベースとなるAppleカーの価格が10万ドル前後であれば、テスラのハイエンドモデルSと競合することになります

スポンサーリンク


当初の計画では、Apple Carの価格は12万ドル以上に設定されていたが、Appleは現在、より低い価格設定を計画しています

これはおそらく、この車両の最初のバージョンに搭載される予定の自動運転機能がより制限されているためです、AppleはApple Carのデザインを最終決定していないが、2023年までにデザインを設定し、2024年までに利用できる機能のリストを用意することを計画しています

テストは2026年の打ち上げ予定に先駆けて2025年に開始される予定です

Appleは自動車製造のパートナーを探し続けており、これまでフォルクスワーゲンとしか本格的な交渉を行っていないが、その交渉も何年も前のことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)