セントルイスのApple Store従業員、労組結成を拒否

セントルイスのApple Store従業員、労組結成を拒否

Bloombergの報道によると、セントルイス・ギャラリア店の従業員は今週、全米労働関係委員会への提出書類で労組結成を拒否し、組合を結成しないことを決めたとのことです

従業員は、組合が「Appleの文化と既存の利益を補完するもの」を提供するとは思わないと述べており、組合結成を阻止するための利益改善に向けたAppleの努力が成功したことを示唆しています

Appleは2月に有給の病欠日と休暇日を増やし、6月にはシフト間の時間制限を増やし、深夜勤務を制限し、従業員を5日以上連続して勤務させないことで労働条件を改善しました

同店の従業員らは、同店の組織化を目指していた労働者団体 「the International Association of Machinists and Aerospace Workers (IAM) 」 の代表にはなりたくないと述べ、90人の従業員のうち66人が「組合への加入を望まず、いかなる形でも組合を支持しない」と回答しました

スポンサーリンク


IAMは11月、当時の「反組合的慣行と労働者への敵意の増大」を理由に、労組結成の是非を問う投票計画を取り下げました

従業員らは、嘆願書を知ったIAMが組合結成の取り組みを中止したと主張しています「このApple Storeの従業員の大多数は、IAMと仕事をすることを望んでいない」 と従業員は述べています、彼らはまた、「現時点では組合が必要だとは思わない」とも述べました

従業員たちは、Appleが反組合的な行動をとっていると非難されているにもかかわらず、組合の反対は経営の影響を受けていないと述べました

メリーランド州は10月に、同州で組合が結成されたストーリーに新たな福利厚生を提供することを拒否し、従業員は組合を通じてAppleと福利厚生について交渉する必要があると告げられました

Appleの小売り部門の責任者Deirdre O’Brien氏は従業員に対し、労働組合が結成されればAppleは変革を導入しにくくなると警告していました

現在、米国の2つのApple Storeが労働組合を結成することを選択し、他のいくつかのAppleの小売店の従業員も労働組合結成を検討しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)