Appleの次期複合現実感ヘッドセットのOSは「xrOS」に決定したと言われる

Appleの次期複合現実感ヘッドセットのOSは「xrOS」に決定したと言われる

Appleは早ければ春にも複合現実 (MR) 端末のプロジェクトを発表するとみられていますが、現在、Bloombergは、Appleがこの製品を支えるOSの名称を 「xrOS」 に決定したと報じています

「社内的には、最近OSの名前を 「rrealityOS」 から 「xrOS」 に変更したとのことですが、プロジェクトはまだ非公開であるため、匿名を希望する関係者によると」と、BloombergのMark Gurman氏は伝えています

Gurman氏によると、xrOSのXRは拡張現実 (extended reality) の略だとのことで、これはプラットフォームがどのようなものになるのかというAppleの長期的な視点と合致します

Appleはまず、高級ハードウェアを搭載した高価な仮想現実ヘッドセットを発売すると見られています、Metaは現在、Meta Quest Proで独自のハイエンドヘッドセットを提供しています

スポンサーリンク


将来の複合現実製品には、拡張現実 (AR) メガネや、技術が完成すればコンタクトレンズが含まれる可能性があります

Gurman氏は、Pages、Keynote、Numbers、Notes、Apple Newsの技術責任者がプロジェクトに関わっていると付け加え、これはAppleがコアなアプリチームを集めてヘッドセットの体験を完成させてからデビューさせようとしていることを示唆しています

xrOSの名称については、Deep Dive LLCという名のダミー会社が世界中でOS名を商標登録していると報じられています

このペーパーカンパニーは別のペーパーカンパニーにリンクしていますが、その背後にはAppleがいる可能性が高いと思われます

最後に、Gurman氏は、xrOSというラベルが内部で使用されているにもかかわらず、最終的なプラットフォーム名は依然としてrealityOSまたは別の名前である可能性があることを皆に注意を促しています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)