iiPhone 14 Proの需要は「消滅」する、Appleが出荷目標を2,000万台も下回るため

iiPhone 14 Proの需要は「消滅」する、Appleが出荷目標を2,000万台も下回るため

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxを悩ませている供給と生産の問題は、現時点では秘密ではありません

アナリストであるMing-Chi Kuo氏による本日の新しいレポートでは、これらの品薄の影響に関する詳細がさらに提供されており、iPhone 14 ProおよびiPhone 14 Pro Maxのホリデー四半期の出荷台数は、予想よりも15,000万台〜2,000万台少ない見込みであると伝えられています

Kuo氏は、iPhoneシリーズの出荷予測を合計で約20%下方修正しました、Kuo氏は現在、市場のコンセンサスである9,000万台から8,500万台に対し、7,000万台から7,500万台の出荷を見込んでいます

予想通り、現在進行中のCOVID-19の規制と中国での抗議活動が原因です

スポンサーリンク


特にKuo氏は、この需給ギャップのためにiPhone 14 Proシリーズの 「需要のほとんど」 が「消滅」すると考えているとしています

これは、買い手が供給が改善したときに購入を先送りしないことを意味し、これはKuo氏が「経済不況」のせいだとしています

そのため、Kuo氏は「AppleのiPhoneの売上高は、市場のコンセンサスよりも20–30%以上も大幅に下回る可能性がある」と予測しています

また、Appleは多くの部品供給業者に発注を削減するよう通知せず、「部品の在庫が通常よりも多い状態が数週間続く」状態にしていたと言います

Kuoはさらに「Appleが供給リスクの分散を望んでいるため、鴻海がiPhone 15 Proシリーズの独占アセンブラを続けることは困難である」と述べています

このような指摘も

Ming-Chi Kuo氏はハードウェアに使用される材料を予測することに優れています、我々は彼の出荷台数を予測する能力にそれほど納得していません

当時、Kuo氏はAirPodsの2021年の出荷台数予測を30%から35%引き下げ、7,500万台から8,000万台としました

その後、CanalysはAppleの2021年のAirPodsの出荷台数を8,600万台と推定しています

Kuo氏は800万~1,100万個の誤差があった
(Via Mac Daily News.)

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)