プライバシーに関しては、米国人はIOSはAndroidよりもプライバシー オプションとして最適と評価

プライバシーに関しては、米国人はIOSはAndroidよりもプライバシー オプションとして最適と評価

少し前に、AppleのiOS 14がスマートフォンユーザーのプライバシーに関するゲームチェンジャーであることが証明されましたが、iOS 16を搭載した新しいiPhone 14への期待から、Appleのプライバシーとセキュリティはさらに改善されると報告されています

サイバーセキュリティ企業のNordVPNが実施した最新の調査によると、米国人の44%がAppleのiPhoneがスマートフォンの総合的なプライバシーオプションとして最も優れていると考えているのに対し、サムスン製スマートフォンがプライバシーオプションとして最も優れていると考えているのは24%でした

今日のスマートフォンユーザーは、Andriod(38%)よりもiOS(46%)の方がOSのプライバシーが優れているとし、残りの16%はどちらも基本的に同等だと考えています

NordVPNのデジタルプライバシーエキスパートであるDaniel Markuson氏は、「これまでは、提供できるオンラインセキュリティに基づいてコンピューティングデバイスを購入する傾向があったかもしれませんが、ますます多くの人が自分のオンラインプライバシーを気にするようになっています」とし、「最近のブランドプライバシースタディーでは、Apple、Samsung、Googleスマートフォンの売れ筋は、売れ筋でないブランドと比較して、よりプライベートであると考えられていることから、これが証明されている」と述べました

スポンサーリンク


これらの調査結果によると、ほとんどの米国人(93%)がスマートフォンを使用しており、ほとんどのユーザー(86%)はプライバシー設定がどこにあるか知っていると主張しています

スマートフォンやアプリのプライバシーポリシーに書かれていることをすべて読むのはかなり大変だ、と主張する人もいますが、調査対象の半分(50%)が、自分の今のスマートフォンブランドのプライバシーポリシーを読んだことがある、と言っています

しかし、調査で明らかになったのは、スマートフォンのOSをアップデートした後に、実際にプライバシー設定を確認したりリセットしたと答えた人は半数未満(47%)で、OSアップデート後にプライバシー設定を確認することが一度もない、あるいはほとんどないと答えた人は1/4近く(23%)でした

実際、新しいアプリをダウンロードしたり、既存のアプリをアップデートしたりした後に、常にプライバシー設定を確認したり、リセットすると答えたのはわずか32%でした

スポンサーリンク


米国人の多くがスマートフォンのOSをアップデートしていると答えています (62%が自動アップデート、25%が手動アップデート)

また、6%はセキュリティ上のリスクがある場合にのみソフトウェアをアップデートしており、3%は最新アップデートによるユーザーの問題が修正された後にのみアップデートし、4%は一度もアップデートしていないと回答しています

(Via Apple World Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)