Apple、パスキーのリリースを前に、iCloudユーザーの95%がすでに2FAを有効にしていると発表

Apple、パスキーのリリースを前に、iCloudユーザーの95%がすでに2FAを有効にしていると発表

OS 16とmacOS Venturaを含む、この秋に行われる次のソフトウェアアップデートで、Appleはパスキー規格の統合サポートを開始する予定です

パスキーとは何なのか?

このデジタルキーはデバイスに留まり、エンドツーエンドで暗号化され、Webサーバーに保存されることはありません、作成した各パスキーは、そのアプリ、Webサイト、またはサービスに固有のものです

パスキーは、Appleが昨年のiOS 15とmacOS 12の一部として実装したFIDOスタンダード機能の拡張版です、これにより、パスキーは、通常使用される他のすべてのタイプの二要素認証よりも強力になっています

パスキーでログインするフローは、iCloud KeychainとFace IDまたはTouch IDを使用するのと同様の仕組みになります

パスキーは、エンドツーエンドの暗号化を施したiCloud Keychainを使ってデバイス間で同期されるため、Appleでもその情報を見ることはできません

Passkeys 002

パスキーはFIDO Standardに基づいているため、クロスプラットフォームへの対応がそのまま組み込まれています、Apple以外のデバイスは、iPhoneやiPadで読み取ることができるQRコードを生成します

スポンサーリンク

Appleユーザーにおける2FAの採用状況

Appleは、アクティブなiCloudユーザーの95%以上がすでに自分のアカウントで2ファクタ認証を有効にしていることを確認しました、これは、デバイスとアカウントを横断してユーザーを保護する取り組みの一環として、Appleが達成した素晴らしい成果です

Passkeys 003

Appleは、2ファクタ認証を必要とする機能やサービスの数も増やし続けています、もしiCloudのアカウントで2ファクタ認証を有効にしていない数少ないユーザーの一人なら、Appleのガイドを使って素早く簡単に有効にすることができます

このように、2ファクタ認証を有効にすることを義務付けることは、Appleユーザーのセキュリティ機能の普及に大きく貢献します

このようなインセンティブを設けるのは、実はAppleのかなり賢い戦略です、実際、Apple IDの2FAの使用率が他の競合プラットフォームよりも高いのは、まさにこのような理由によるものだと推測されます

スポンサーリンク

いつからパスキーが使えるようになるのか?

これは新しいAPIなので、パスキーは開発者が自分のアプリやWebサイトを新しい規格に対応するように更新する必要があります、つまり、iOS 16とmacOS Venturaがリリースされたとしても、すぐに移行できるわけではありません

Passkeys 004

しかし、そうは言っても、Appleは、開発者がiOSやmacOSのアプリやウェブにパスキーを実装するのに役立つ、広範なドキュメントを提供しています

Appleは今月初め、Tom’s Guideに、すでに多くの開発者と手を携えて、アプリにパスキー対応を統合していることを確認しました

このことは、来月iOS 16が正式にリリースされたときに、いくつかのアプリやWebサイトで初日からパスキーサポートが期待できることを示唆しています

Appleがパスキーを採用したことは、デジタルセキュリティの向上に向けた記念碑的な一歩です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)