iPhone 14の発売を控えAppleは中国のプレミアムスマートフォン市場を独占

iPhone 14の発売を控えAppleは中国のプレミアムスマートフォン市場を独占

中国のプレミアムスマートフォン市場に関する新たな知見によると、第二四半期に販売された400ドル以上のスマートフォンの46%がiPhoneであり、Appleは成長分野で優位に立ち続けています

Counterpoint Researchが今週明らかにしたところによると、2022年第二四半期のプレミアムスマートフォン販売は33%に上昇し、昨年の国内の全スマートフォン販売の31%から上昇しました

これは、スマートフォン市場全体が前年同期比で約14%減少したのに対し、プレミアムセグメントは販売台数で10%減少したに過ぎず、これが成長の要因です、600ドル以上のデバイスの売上は実際に増加しました

CounterpointのMengmeng Zhang氏は、Appleは「1,000ドル以上のセグメントでは好調で、前年同期比147%増を記録した」と述べ、AppleとSamsungの両社がファーウェイの低迷と「中国では高級電話へと購入トレンドがシフトしている」ことの恩恵を受けていると付け加えています

スポンサーリンク


Counterpointによると、2022年第二四半期に販売された高級スマートフォンの46%がiPhoneでした、次にシェアの大きいベンダーは、わずか13%の市場シェアを持つVivoです

Bloombergは、中国経済が上海や中国などのビジネスハブで実施されたCOVIDのロックダウンから回復しようとしていると報じ、Appleのような企業は消費者需要、インフレ、サプライチェーンの問題と戦っていると報じました

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)