Apple、iPadOS 16のステージマネージャーに対する「根本的に誤った」アプローチに批判を浴びる

Apple、iPadOS 16のステージマネージャーに対する「根本的に誤った」アプローチに批判を浴びる

iPadOS 16ベータ版に搭載されたステージマネージャーは、iPadの操作に新しいレベルのマルチタスクをもたらすというアプローチにおいて「根本的に間違っている」という激しい批判を受けており、その欠点から同機能を完全に延期するようAppleに求める声さえ上がっています

MacStoriesの創設者兼編集長であり、Appleコミュニティの著名なメンバーであるFederico Viticci氏は、今週初めにTwitterのスレッドでステージマネージャーに対する不満の概要を述べています

Viticci氏は、ステージマネージャーに組み込まれた設計上の決定は「根本的に間違っている」とし、この機能は不安定で使いづらく、体験全体にわたってユーザーインターフェイスに不具合があると主張しています

ステージマネージャーは、M1チップを搭載したiPadでのみ動作するように設計されており、ますます議論を呼んでいるこの機能をめぐるもう一つの論点となっています

スポンサーリンク


Appleは、当初Mac用に設計されたM1チップのユニファイドメモリアーキテクチャだけが、ステージマネージャーが必要とする重いワークロードを駆動することができると主張しているのです

6月のWWDCでステージマネージャーを発表したAppleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Craig Federighi氏は、「ディスプレイスケーリングや仮想メモリスワップなどの技術により、私たちはユーザー体験を大きく飛躍させるための基盤を手に入れました

ステージマネージャーは、iPadOS 16の数少ない新機能のひとつですが、macOS Venturaにも搭載されています、名前と基本的な考え方は同じですが、iPadOS 16とmacOS Venturaでのステージマネージャーの実装は、これ以上ないほど異なっています

ステージマネージャーは、「センターアプリ」に自動的にフォーカスすることも引き受けており、左側にあるドックと最近のアプリを隠すか表示するかを選択できます、Dockを表示したままなら、新しいウィンドウをワークスペースにドラッグインするための素早い方法を手に入れることができます

スポンサーリンク


Viticci氏は、まだテスト中のステージマネージャーについて、Appleに提出した2つのフィードバックレポートをTwitterで公開しました

ひとつは、現在iPadから外部ディスプレイにウィンドウを移動することができないので、簡単に移動できる方法を提案しています

もう1つのフィードバックは、外部ディスプレイに接続した際に、システムがアプリケーションのワークスペースを「破壊」してしまうというものです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)