Kuo氏がiPhone 14 が早期発売されるかもしれないと考える根拠

Kuo氏がiPhone 14 が早期発売されるかもしれないと考える根拠

これまでの報道に対し、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、Appleの直近の四半期決算報告からの手掛かりに基づき、iPhone 14がiPhone 13よりも年内に発売されると考える理由を挙げています

AppleはiPhone 14に関するプレゼンテーションを2022年9月7日に行うとみられており、アナリストであるMing-Chi Kuo氏は、出荷日は通常よりも早くなると考えています

Kuo氏は、いつものサプライチェーンからの情報に基づいて予測しているわけではないようです、しかし同氏は、Appleの2022年第3四半期の明るい見通しから推測するだけでなく、早期リリースがAppleの利益になるという圧力があると考えています

スポンサーリンク


世界的な景気後退のリスクは依然として増大しており、予測不可能です、したがって、iPhoneをできるだけ早く発表して出荷すれば、景気後退のリスクが需要に与える影響を最小限に抑えることができるだろうと

Kuo氏は、どの程度早くリリースできるかは明言していませんが、iPhone 14の生産サイクルに依存することは明らかです

これとは別に、Appleは生産品質に問題があり、iPhone 14のサプライヤーを変更しなければならなくなったと伝えられています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)