Apple CEOのTim Cook氏、早ければ2026年に引退か

Apple CEOのTim Cook氏、早ければ2026年に引退か

Loup Fundsのマネージングパートナーであり、長年AppleのアナリストであるGene Munster氏は、Apple CEOのTim Cookが2026年には引退すると考えています

Appleは重要な中国向けエクスポージャーを持っています、Appleのビジネスは、同社の製品売上の75~80%、つまり全売上の60~62%が”Made in China “であると推定されることから、この話題により敏感です

さらにAppleの年間売上の18%は中華圏からのものであり、これは本質的に同社のサービス事業と同規模です、他の大手ハイテク企業と比較して、Appleが最も中国に露出していると信じています

何年もかかると思いますが、Appleは中国への依存を減らしつつあると思われます、Appleは自社のビジネスを数十年単位で考えており、最終的には中国国外に生産拠点と強力なユーザー基盤を構築することに成功すると、Munster氏信じています

Tim Cook氏は、グローバルなサプライチェーンに依存することで生じる政治的な問題を乗り越えてきた数十年の経験を持っています、その経験から、不吉な兆しとして、その地域への露出を減らす必要性を感じていると思われます

スポンサーリンク


それとは別に、Cook氏はAppleのCEOとしてあと2章執筆すると、Munster氏は考えています

新しい製品カテゴリとしては、AR、健康、自動車のいずれかになると考えられます、第二に、サプライチェーンの多様化に関する章

Cook氏の年齢 (61歳) とオプションパッケージを考慮すれば、おそらくCook氏は2026年から2028年の間に引退するだろうと推測できます

これは、今後10年間のサプライチェーンを位置づけるのに十分な時間があることを意味します

(Source Loup , Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)