Appleの成功の秘訣は需要ではなく効率が良い供給体制

Appleの成功の秘訣は需要ではなく効率が良い供給体制

Appleの世界では、人々は「iPhoneは何月何日に発売されます」と発表されます

発売され、早く注文すればするほど、早く手に入れることができますが、会社は関係なくクレジットカードを受け取り、正確で少し控えめな出荷日を提示します

そう、Appleのやり方には癖があります

同社は一定数のデバイスを予約し、店舗に直接発送する傾向があります、Appleのサイトで製品を注文し、その製品の出荷日に満足できない場合は、リリース日またはその直後にApple Storeに行くと、その製品を見つけることができる場合があります

しかし、もっと広い意味で、Appleはすべての小さなことをきちんとやっています、製品を発表する前に、工場でデバイスを組み立て、少なくとも最初の注文をある程度満足させるだけの供給量を確保しているのです

そして、発表して、いつから注文を受け付けるかを人々に伝え、そして、ゲートを開き、注文を受け付け始めます、最終的には、約束した時期に注文を出荷します

スポンサーリンク


これはすべての製品で行われていることですが、難易度をiPhoneまで上げても、この原理は変わりません、率直に言って、それはゲーム機メーカーがアマチュアのように見えます、Appleと比べたら、彼らは素人です

Appleも昔はそうではありませんでした、iPhoneの販売当初は、様々な小売店で長蛇の列ができました、Appleはその教訓から、店舗での購入よりも直送を強く希望するようになったのです

Steve JobsがAppleに復帰する前、同社は需要と供給を把握することができず、Macを作りすぎて売れ残り、最終的には償却され廃棄され、最終的には埋め立てられることになっていました

Jobsは、復帰後、会社が生き残るためには、より効率的になる必要があると考え、そして、サプライチェーンの効率化を実現し、工場からオンラインストア、配送までのシステムを構築するスキルを持つ幹部を探し出しました

スポンサーリンク


夏に起こったように、欲しいMacが1〜2ヶ月間出荷されないとなると、誰もがパニックになるほどです

その幹部はTim Cookで、今では彼がショーを仕切っています、Appleが優秀なのは当然でしょうか?そんなことはないでしょう

Tim Cook 0824 02

しかし、他のほとんどの企業を見ていると、Appleだけが得意なのではなく、他のほとんどの企業が苦手のように見えることに気付かされるのです

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)