Apple、サプライヤーにiPhone 14の生産拡大を要請、Foxconnは採用ボーナスを増額

Apple、サプライヤーにiPhone 14の生産拡大を要請、Foxconnは採用ボーナスを増額

台湾の報道によると、Appleがサプライヤーに対して、iPhone 14の初期生産台数を9,000万台から5%以上増の9,500万台に引き上げるよう指示したとのことです

これに応じて、iPhoneの組み立てを主導するFoxconnは、iPhone労働者のための採用ボーナスを大幅に増やしたと言われています

スマートフォン市場は低迷しているが、Appleはその流れに逆らっています、最近、iPhone 14シリーズの初期受注総額を9,500万台に拡大し、当初の予想より約5%増加させました

この動きは、Appleが今年のラインアップの需要を楽観視していることと、部品の入手性が改善されたことの両方が要因であると報告されています

UDN(台湾聯合日報)によると、Appleの主要サプライヤーの多くが、iPhoneの生産がピークを迎える時期に自社製品の需要が増加すると話しています

スポンサーリンク


Foxconn は、大量生産の開始に伴い、iPhone 従業員に大幅に増額された採用ボーナスを提供することで対応したと言われています

「iPhone 14に関する報道を、アップグレードすべき理由が比較的少ない『峠の年』だと片付けてしまう人もいるが、おそらくそうはならないと予測されます

iPhone 13 miniが、ベースモデルの画面を大きくしたiPhone 14 Maxに置き換わったことで、販売台数は大きく伸びそうです、iPhone 14 Pro側では、Androidの体験談から、Proモデルの常時表示機能が人気を博しそうです

iPhone 14 Proでは、Android の経験から常時表示が人気を博す可能性が高いことを示唆しています

センサーは48MPですが、iPhoneからの出力画像の解像度は12MPのままである可能性があります、Appleは、48MPの生データから、より詳細でノイズの少ない12MPの出力画像を作成するスマートスケーリングアルゴリズムを使用することを選択する可能性があります

スポンサーリンク


米中間の緊張が高まる中、AppleはiPhone 14の生産を中国とインドで同時に開始することも目指しており、新品のiPhoneが初日からインドで製造されるのは初めてのことです

Appleは、中国が輸出入の要求を拒否される可能性のある関税規制を実施していることをサプライヤーに警告しました

Appleがサプライヤーに対して、台湾製の部品やコンポーネントは「中国・台湾」または「チャイニーズ・タイペイ」製と表示しなければならないという長年のルールの施行を開始したと、この件に詳しい関係者の話として付け加えているます

このため、iPhoneやiPhoneの部品の出荷に支障をきたしていると伝えられています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)